タイトル画像

コメント(1)

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1510452145/


a0011_000179_m

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)11:02:25 ID:aXQ
スクエニクラスが本気出してもFF15位が限界なんやろ?

【日本のゲーム業界が洋ゲーみたいなのつくれないのって様は予算の問題なの?】の続きを読む

コメント(0)

引用元: ・http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1510428813/


a0006_001192_m

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/12(日) 04:33:33.086 ID:GWE4rcS60
たちうお

【【VIP】世界一うまい刺身キメるぞ 】の続きを読む

コメント(0)

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510420456/


1e4a923c020dde5686c18fec5d67b8a8_s

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/12(日)02:14:16 ID:MUD
どう思う?

【【おんJ】成人式に喪服で行ってやろうと思うんやけど】の続きを読む

コメント(0)

引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510438826/



1: きゅう ★ 2017/11/12(日) 07:20:26.16 ID:CAP_USER9
映画『シン・ゴジラ』がいよいよ今夜、地上波初放送! 昨年の大ヒット作ではありますが、興味がありつつまだ観られていないということもあるのでは? そんな初見の人は、まずここに注目!

すごいリアリティー!

 ゴジラは架空の生物。しかし、視聴者が「実際にゴジラが現れたら……?」とゾッとしてしまうほどのリアリティーが本作にはあります。巨大生物・ゴジラの出現という不測の事態に、日本はどう立ち向かうのか。映画製作にあたり政府関係者や自衛隊への徹底した取材がなされました。自衛隊が実際に使う用語や出動のプロセス、武器使用についてもリサーチ。政治家たちが会議のシーンで繰り広げるよどみない早口のセリフには驚かされますが、これも取材の記録をキャストと共有したことで再現されたものだそう。コピーでもあった“ニッポン対ゴジラ”がリアルに起こったら、こうなる? というドキュメンタリーとも思えるような映像に、スリルがかき立てられます。

人間味ある魅力的なキャラクター

 本作には総勢328人のキャストが集結。内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹(竹野内豊)、米国大統領特使のカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)というメインキャラクターを中心に繰り広げられる人間ドラマは見応えあり。脇を固める人物たちも個性的な面々がそろっています。「まずは君が落ち着け」というセリフも有名になった泉修一(松尾諭)や“尾頭さん”ブームを起こした理系女子・尾頭ヒロミ(市川実日子)、ちょっとクセのある性格で注目を浴びた安田龍彦(高橋一生)ら公開後に話題になったキャラをはじめ、人間味あふれる登場人物たちが登場。ゴジラという脅威を前に、それぞれの立場や見方があり、各キャラ1人1人の目線から状況を見てみると、ストーリーがまた違った風に感じられたりもします。

(以下URLで)

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年11月12日 6時45分 (引用元)
https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0096024/

2: 名無しさん@恐縮です 2017/11/12(日) 07:21:37.92 ID:TkreEpHQ0
一瞬だけ映る斎藤工

【【ネタバレ注意】『シン・ゴジラ』ついに今夜放送…!初見の人はここに注目 】の続きを読む

コメント(0)

引用元: ・http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510452417/


a0050_000110_m

1: 風吹けば名無し 2017/11/12(日) 11:06:57.15 ID:L2ousj8l0
佐藤さん!w

【NPB三大「佐藤」がパンチ佐藤・GG佐藤・由規という事実wwwwwwwww 】の続きを読む

コメント(0)

引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510440446/


a0006_002357_m

1: きゅう ★ 2017/11/12(日) 07:47:26.20 ID:CAP_USER9
 クドカンドラマに異変が!? 宮藤官九郎が脚本を手掛ける2つのドラマの設定が、別のドラマと設定が「そっくり」と話題を呼んでいる。オリジナリティ溢れる作風で人気のクドカンドラマに何があったのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 今月1日に、2019年放送の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』(NHK)の新キャスト発表会見がありました。そこで注目を集めたのは、役所広司さんとピエール瀧さんの二人。同作は日本初のオリンピック選手・金栗四三(中村勘九郎)の活躍を描いた物語ですが、役所さんは日本のオリンピック参加に尽力する嘉納治五郎を、ピエールさんはマラソン足袋の開発に挑む足袋屋の店主・黒坂辛作を演じます。

 ここで頭に浮かぶのは、現在放送中の『陸王』(TBS系)。役所さんがマラソン足袋の開発に挑む足袋業者を、ピエールさんがライバルの大手メーカーに勤める営業部長を演じているだけに、多くの人が「かぶった!」と思ったのです。

 話はこれだけで終わりません。同じく現在放送中の『監獄のお姫さま』(TBS系)も、今年4~6月に放送された『女囚セブン』(TBS系)と似ていると言われているのです。両作には、「女性刑務所が舞台」「受刑者同士が意気投合」「えん罪を晴らすために奮闘する」などと共通点が多いだけに、そんな声が挙がるのも仕方ないでしょう。

『いだてん』と『監獄のお姫さま』の脚本家は、奇しくも宮藤官九郎さん。「(通称)クドカンがまさかのパクリ?」なんて声もありますが、これまで『あまちゃん』(NHK)を筆頭にオリジナリティあふれるヒット作を手がけてきた宮藤さんに何が起きているのでしょうか。

◆満島ひかりのコメントに真実が

 結論から言えば、どちらもパクったという事実はありえません。もともと宮藤さんは、「何もないところから、1つのイメージを見出して、それを徐々に具体化させながら話を広げていく」というタイプの脚本家。たとえば『うぬぼれ刑事』(TBS系)は、「必ず犯人に恋してしまう刑事が、『罪を見逃す代わりに結婚するか、逮捕されるか』の2択を迫り、失恋してしまう」というイメージをベースに作られた脚本でした。

 また、宮藤さんは『監獄のお姫さま』について、「これまでいろんなドラマを作ってきましたが『で、つまるところ俺は何を書きたいんだ』と自問自答しました。結局、おばちゃんのおしゃべりを書いてる時が一番楽しいという結論に至りました」「彼女たちのおしゃべりをエンドレスで聞ける場所はどこか、と考え舞台を女子刑務所に設定しました」とコメントしています。さらに、満島ひかりさんが「女囚のお話で、満島さんは看守さん」という具体的なオファーを3年前に受けていたという事実も、長い構想期間を裏づけています。

(以下URLで)

NEWSポストセブン / 2017年11月12日 7時0分 (引用元)
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_628960/
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_628960/?p=2
https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_628960/?p=3

4: 名無しさん@恐縮です 2017/11/12(日) 07:56:05.73 ID:BMHyxxgj0
確かに番組の宣伝だけ見てたら女囚セブンそっくり
【【テレビ】クドカンドラマに何が? 2作品が他のドラマと設定そっくり】の続きを読む

コメント(0)

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510407785/


a1310_000020_m

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)22:43:05 ID:oeG
小学生の時に見てめっちゃ怖かったわ

【クレヨンしんちゃんオトナ帝国を最初に見た時の恐怖感wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

コメント(0)

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510373057/


a1030_000056_m

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/11(土)13:04:17 ID:TbB
(´・ω・`)・-・-- ・・ -・・-・ -・・ ・-・-・ ・・-・・ -・・・ ---・- -・-・・ -・ ・・ -- 

【(´・ω・・-・・・ -・・- -・--- ・・・ -・-・・ ・・・ ・- 】の続きを読む