引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569932915/



7d996544022db3cbff4c6c4d6b700a86_s


※この記事はネタバレを含みます。


1: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)21:28:35 ID:P1f
なお新作は見てない模様



2: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)21:56:36 ID:P1f
クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王
公開 1993年
監督 本郷みつる




あらすじ
夏休みのある日、駄菓子屋で購入した「アクション仮面カード付き」のチョコビを購入したところ
幻のNo.99を手に入れ、時空移動マシンという奇妙なアトラクションに乗る。
その翌日、彼らはそのマシンによって「アクション仮面が実在するパラレルワールド」に移行したこと、
宇宙からの侵略者「ハイグレ魔王」が東京中の人間をハイグレ人間に変えていることを知る


クレヨンしんちゃん初の長編映画作品であり、ここから25年以上も毎年新作アニメ映画を出し続ける
なにげにすごいシリーズの記念すべき第一作や
引っ越し物語までの約22年間興行収入記録を破られなかった不朽の名作や
初期のしんちゃんの大体のことに動じない本郷監督の特徴である、しんちゃんのキャラクターを活かしきったやり取りと
子供目線で展開される不思議で色鮮やかな世界観が特徴的や

流石に一作目というだけあって、まだ方向性を探りつつある映画らしい拙さがちらほらあるが
ハラマキレディースやTバック男爵のようなおちゃらけた敵キャラクター含む、しんちゃん映画の「定番」が
作られているせいか、意外とおもろい作品やで
まんじゅうみたいなしんちゃんと、スーパーメカによって喋れるようになったシロとの掛け合いもコメディチックでおもろい

クレしんヴィランズ:ハイグレ魔王

東京都庁に宇宙船で無断着陸した挙げ句、パンストかぶった変態の群れを率いて
ハイグレ光線で人々をハイグレ人間にしてしまうオカマの宇宙人
とかいう、なにげにクレしんヴィランズでも相当癖が強い方のキャラクターや
ただし、自分に抗う可能性のあるアクション仮面を実質無力化させたり、終盤でやってきたアクション仮面相手に
五角以上の立ち回りを繰り広げるなど、悪役としてはしっかりしとるで

3: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)21:59:07 ID:P1f
https://i.imgur.com/gmcIXsH.jpg
https://i.imgur.com/566tbSA.jpg
クレしんプリンセス:桜ミミ子・リリ子
アクション仮面のパートナーであり北春日部博士の助手であり、本作のクレしんプリンセスや
プリンセスではないけど
アニメでも度々登場していたが、常識のない北春日部博士や野原一家に振り回されながらも冷静にツッコミを入れていくよきキャラクターや
かわE

5: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:03:07 ID:vMp
クレしんガチ勢現れる

世界名作劇場ニキかな?

6: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:04:03 ID:ISs
ハイレグ化って一部の人の性癖にピンズドだったらしく
pixivで悪堕ちとかの亜種として今でもたまに見かけるンゴねぇ

8: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:05:00 ID:zEv
スンノケシ王子が出てくるやつがすき

10: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:09:28 ID:P1f
クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝
公開 1994年
監督 本郷みつる




あらすじ
ある日、しんのすけは町の福引きでブリブリ王国の旅行券を引き当て
大喜びで旅行を満喫しようとしていた野原一家
だが、道中でホワイトスネイク団を名乗る一団に襲われてしまう
命からがら飛行機からパラシュートで脱出した一家はジャングルをさまよううち、
ブリブリ王国の秘宝をめぐる陰謀に巻き込まれる
その中心人物となるのは、野原しんのすけと
ブリブリ王国の王子であり、しんのすけと瓜二つの容姿を持つスンノケシ王子だった……

【感想】
二作目となるクレヨンしんちゃん映画やが、早くもアニメらしいノリとギャグを展開しながら
映画らしい山場や見どころを詰め込んだ良作
しんちゃんとそっくりのスンノケシ王子やが、しんちゃんの可愛い容姿なのに常識人というたまらん設定で
二人の掛け合いが映画のテンポを引っ張っていってると言っても過言やないで
一方、スンノケシ王子を守る勇敢で強い女性、ルルや
非道で冷酷な悪役アナコンダと、彼に従う強敵ミスター・ハブ達の戦いは
ハラハラしっぱなしや
この頃から強い女とマイペースなしんのすけの組み合わせはできてたようやな

218: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:12:13 ID:QOK
>>2
>>10

この2作はひろしとみさえの会話が妙にリアルで、大人もあるある~と楽しめるのがすこ

12: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:15:23 ID:P1f
【クレしんヴィランズ】アナコンダ
秘密結社ホワイトスネーク団のボス
野望のためなら平気で子供を利用し、部下を見捨てる卑劣漢
最終的にはMr.ハブとともに、自業自得としか思えん最後を迎える
あのしんのすけが初対面から怯えるほどのワルイ男

https://i.imgur.com/qdFclPW.jpg

【クレしんヴィランズ】Mr.ハブ
ピッチピチの白いスーツを着たマッチョなナイスガイ、Mr.ハブ
体を竜巻のように回転させる技でルルを追い詰める強キャラ
隠し武器を持っていたり、電子機器を使いこなしたりと、アナコンダに負けず劣らずの冷血漢でありながら有能
しかしアナコンダ共々悲惨な末路を迎えることになる
わいは割と好き

https://i.imgur.com/c802HY3.jpg

14: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:18:31 ID:P1f
【クレしんプリンセス】ルル・ル・ルル
プリンセスではないが、プリンスを守る親衛隊のメンバーであり、
カンガルー格闘術の達人であり、かっこよくて綺麗な理想的おねえさん
変なコスプレ癖あり
戦闘中、おもりを脱いでスリット服に変身するところは思わずガン見してしまう
かわE

https://i.imgur.com/KpiLbvm.jpg

13: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:17:54 ID:qk7
ジャングル→カスカベボーイズの黄金期

15: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:19:20 ID:Ynq
小宮の悦っちゃんのサインが欲しいぃ!!

17: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:21:35 ID:Ynq
ブリブリ王国はやたらとひろしとみさえがイチャイチャするんだよなラストシーンも二人のキスやし

24: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:28:25 ID:P1f
>>17
せやな
あえてメインに据えられなかっただけで、二人からすれば新婚旅行も兼ねた家族旅行やったかもしれん

18: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:23:39 ID:Mny
敵キャラと協力するのすこ

19: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:23:50 ID:vTp
大人帝国はおもろいけど、大人帝国以降の、やたら感動路線強いの嫌い
ヘンダーやウ○コクサみたいに、ホラーもあるけど最後はギャグで通すほうが好き
ジャングルは感動部分も含め最高に楽しかった

20: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:25:46 ID:NmG
クレしんに出てくるオカマ達すこ。最近変な奴らが差別だのなんだのうるさいが

22: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:27:08 ID:vTp
>>20
初期からLGBTをメインキャラにもってくる人権派アニメや!

23: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:27:38 ID:P1f
クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望
公開 1995年
監督 本郷みつる




あらすじ
タイムパトロール隊員であるリング・スノーストームは突如、時空魚雷による激しい攻撃にあい
野原一家の庭に不時着。タイムマシン内部で身動きの取れなかった彼女は
マイクロマシンによってシロを操り、時間異常が確認された戦国時代へ
野原一家とともにタイムスリップする

【感想】
クレしんムービー三作目、ところどころに出てくるマシンの造形は子供の夢を凝縮させながら変形させたかのようなマシンが魅力的
戦国時代で出会った吹雪丸と敵の侍達による殺陣は迫力満点
緻密な考証を経て細かいディティールまに至るまで描いた世界で繰り広げられる野原一家の活躍は
シンプルだが力強い面白さに溢れとる
戦国時代を勝ち抜いた後の不気味さと滑稽さは、ある意味ではクレしんの真骨頂といえる

余談やが、本作では初めてしんのすけが”人を殺した”映画や
どことは言わんし、実際に殺してない説もあるが
気になる人は見てクレメンス

27: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:34:58 ID:P1f
【クレしんヴィランズ】雲黒斎/ヒエール・ジョコマン
本作の敵キャラ、ヒエールは歴史マニアの時間犯罪者や
飄々としとるが子供は殺すし国は乗っとるし時代はめちゃくちゃにするし魚雷は飛ばすしで
相当イかれた、手足の長い不気味なヴィラン
独特のセンスで時代を作り変えようとするもリング&吹雪丸&野原一家に阻止されてしまう
意外と血の気も多く、最終戦では戦いに快感を覚える変態
子供向け映画で結構攻めた敵や。久々にみたらドン引きした
https://i.imgur.com/HiuZIA2.jpg
https://i.imgur.com/RI3VIQW.jpg

29: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:37:03 ID:vkB
>>27
結構ガチ目に殺しにかかる敵

33: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:40:51 ID:P1f
【クレしんプリンセス】リング・スノーストーム
仕事をしようとしただけなのに魚雷で撃ち落とされてしまった可哀想な子
なのに野原一家に助けを乞い、道具を貸し与え、見事時空異常を正し犯罪者を捉えた有能
おまけにかわE
前半は野原一家を異世界にいざなう案内人として、中盤は良き解説者として、終盤では野原一家を引っ張るリーダー格兼ブレインとして
八面六臂の活躍を見せる
やっぱ有能。かわE
https://i.imgur.com/yR7WIRO.jpg

【クレしんプリンセス】春日雪乃
エッッッッッッッッッッッッ
https://i.imgur.com/hKgcSkY.jpg

34: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:41:48 ID:tJK
なおちんちん

35: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:42:39 ID:t0z
この時代に男の娘はわりと凄ない?

37: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:43:31 ID:ecS
>>35
扱いとしてはオカマやしね

39: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:44:34 ID:P1f
【春日吹雪丸】
この映画の戦国部分を支える重要なキャラクター
野原一家とリングを戦国時代で助け、父母の敵である雲黒斎を打ち破らんとする若き剣士
しかし、戦国時代がゆえの悲壮な運命を背負っており、本人もつねにその覚悟を背負い戦っているという
なかなかに設定の重いキャラクター
戦国部分の終盤、強敵に対し放った一言は彼女の運命の悲しさと、それへの覚悟が感じられる
かっこいい

https://i.imgur.com/RpZLjHx.jpg

「私は……ではないッ!!」

42: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:45:40 ID:P1f
【悲報】
ワイ、頑張って書いたのにアホなミスをする
吹雪丸はほんまにかっこええしかわいいし頼もしいからぜひ戦国見てクレメンス

45: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:47:16 ID:t0z
>>42
戦国やとアッパレになるから雲黒斎やろ

46: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:48:17 ID:P1f
>>45
せやったわ、すまん
雲黒斎はやっぱ吹雪丸のバックボーンの重さと、それを活かしきった時代描写がええと思うわ
作画も割とクレしん映画の中では相当ええ
セル画時代は割とどれもええねんけどね

41: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:44:57 ID:yva
ジャングルのアクション仮面が吠えるシーンだいすき
しかもタマも強い

43: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:46:36 ID:t0z
>>41
ハイグレ魔王の時のアクション仮面はなんやったんやろなって思った
まあ映画はパラレルやろって事で納得してたが、その後にユメミーだったかで過去作のキャラ出てきたしなあ

52: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:50:10 ID:yva
>>43
面識あったりなかったりするけど考えたら負けや
アニメ本編ではちゃんと面識あるしジャングルもその流れやろな

55: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:52:15 ID:t0z
>>52
やっぱアニメ準拠なんやろなあ
過去作の活かされるとか好きなんやけどな
いつかお股のおじさんの脇差をつかって欲しい

57: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:53:38 ID:Ynq
>>55
それならシリリで過去作からキャラがたくさん出たときに少しくらい触れあって欲しかったわ

59: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:54:25 ID:t0z
>>57
あーシリリやっけツバキちゃん達でたの
ユメミーとかシリリとかみてないからなあ

53: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:50:19 ID:uNs
今北
なんやこの稀に見る神スレは

63: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:56:28 ID:P1f
クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険
公開 1996年
監督 本郷みつる




あらすじ
群馬に建設された遊園地「ヘンダーランド」に幼稚園の遠足でやってきたしんのすけ
そこで迷い込んだサーカステントで、狼に変身する「クレイ・G・マッド」に襲われるが、
サーカス内で出会った意思を持つねじ巻き人形「トッペマ・マペット」に助けられる
トッペマはヘンダーランドが異世界の魔法使い、「マカオとジョマ」の城であり
この世界を乗っ取ろうとしていることを話す
魔法のトランプ「スゲーナ・スゴイデス」を託し、オカマ魔女を倒してほしいと頼むが、とうのしんのすけは……?

【感想】
ネット民からの人気も高いヘンダーランドは実質非常に面白い
無駄なシーンが一切なく、子供の夢に満ちた遊園地に潜む巨悪というのをテーマに、童話的世界観とクレしん世界観がうまく掛け合わさった
本郷作品の真骨頂
個性豊かなジャンケンヴィラン達やが、特にキャラの立っているス・ノーマン・パーによる
異世界がじりじりと迫ってくるような恐怖と、
臆病だったしんのすけが、両親を助けるために戦おうとし一人で遊園地に向かうまでのワクワク感、
クレしん映画史上最も有名なシーンの一つである追いかけっこに至るまで、全く面白さが緩まない
各シーンで使われる「スゲーナ・スゴイデス」が良いスパイスになっとるのもポイントや
子供目線のヘンテコな世界と、五歳児の冒険ちゅうテーマではこの映画が最高峰やと思う

66: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:58:13 ID:tJK
ヘンダーは逆張りやろ
不気味なイメージしかないわ

65: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:57:37 ID:uNs
ヘンダーランド帰って来てとーちゃんかーちゃんがおかしくなる辺りがオトナ帝国の展開と似てるよな

67: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:58:41 ID:x8a
一番の恐怖は人形が運転して帰ってきたこと

70: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:59:25 ID:ecS
>>67
しんのすけが機嫌いいけど恐ろしく不気味なシーンすこ

72: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:00:31 ID:ZwO
偽ひろしと偽みさえが目見開いてトッペマにカタカタにじり寄るシーンはヒエッってなるよな

71: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)22:59:35 ID:uNs
ヘンダーランドは最後15分くらいに全てが詰まってる
あの追いかけっこ最高峰

73: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:00:42 ID:x8a
>>71
みさえの泥酔姿とチョキパンツもあるから・・・

76: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:02:18 ID:t0z
ヘンダーはホラーギャグファンタジーって感じや
不思議で怖くて面白い

77: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:02:18 ID:P1f
【クレしんヴィランズ】オカマ魔女 マカオ/ジョマ
ヘンダーランドを支配し、しんのすけ達の世界も支配しようとする悪の魔女(……?)二人組
中年おじさんのバレリーナ姿ちゅうアホっぽくむさくるしい外見に反して
数々の魔法を駆使し部下たちを使って世界を支配しようとするヤバイやつら
ぶっちゃけ映画全部を見てもその正体は謎やが、ぶっちゃけ最後の追いかけっこシーンが面白いからなんでもいい
一回勝負をなかったことにしておきながら、自分の勝ちで調子に乗る卑怯なオカマ

https://i.imgur.com/gkcUsQX.jpg

80: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:03:03 ID:t0z
>>77
多分こいつら普通に戦ったらくっそ強いよな

81: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:03:55 ID:yva
>>80
魔法使えてたら勝ててないわね

78: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:02:40 ID:yva
スゲーナスゴイデスで三人組呼ぶところ好きだわ
作戦タイム許可してくれるスノーマン優し杉内

91: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:07:47 ID:P1f
【クレしんプリンセス】トッペマ・マペット
たびたびしんのすけを助ける、意思を持ったねじまき人形。かわE
おしりにぶっささったネジを巻くことで可動するという不便な体やが、ジャンケンヴィランの一人、チョキリーヌ・ベスタに掛けられた呪いで
夜だけしか活動できないより不便な体になる。かわE
ボーイッシュな性格なのか、しんのすけに対してもサバサバした接し方をするが
本郷監督特有の強くて可愛いお姉さんとしての役割をしっかり果たしつつ、
敵キャラ一人を倒す活躍を見せる有能な人形
ほんとうにかわいい

トッペマの歌はお気に入り

https://i.imgur.com/OhVBzvz.jpg

「トッペマ・マペット!トッペマ・マペット!トッペマ・マペット!」

98: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:11:02 ID:qk7
>>91
クレしんのヒロインの中でトッペマが1番好き

94: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:09:45 ID:2yo
ヘンダーは単純にギャグが少なく感じられるからそこが微妙 
ただ作戦タイムや阿波踊り、伝説のババ抜きのように素晴らしいホームランが何本かある

99: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:11:05 ID:uNs
>>94
後半の怒涛のギャグは…?
あの密度だったら時間は短くても満足できるわ

106: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:14:20 ID:uNs
今追いかけっこの所見返したけどサスペンダーだけで3敗してて草

108: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:15:33 ID:t0z
>>106
まかせて!←掴まれる
はぁっ!←みさえに掴まれる
タンスにくくりつけられる
こんなん笑うわな

111: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:16:27 ID:t0z
あとよく見ると最後の方でひろしが階段昇ろうとした時にタンスで吹っ飛ばされてるんよなアレ

114: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:18:11 ID:uNs
>>111
その直前にも10m以上ある所を余裕で飛び降りたりしてるしあの辺はギャグに振り切ってる

100: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:12:13 ID:tJK
次なんや
温泉?

101: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:12:24 ID:t0z
タマタマやろ

117: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:18:40 ID:P1f
クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡
公開 1997年
監督 本郷みつる




あらすじ
シロの散歩で土手を歩いていたしんのすけは、指を加えて寝ていたオカマから光る玉を置き引きするが、
目を離したすきになくしてしまう
その夜、野原一家にやってきた三人組の奇妙なオカマが、「球を返してほしい」と彼らに迫る
呪術師のたまゆら族と、敵対呪術師のたまよみ族間で、大魔神「ジャーク」を復活させるアイテムを巡って争いが勃発しており
そのうちのひとつがしんのすけの拾った玉だという
なくした玉を探す野原一家は、その玉が、生まれたばかりの長女でありしんのすけの妹「ひまわり」が誤飲したと突き止め、
たまよみ族から逃れひまわりを守るためたまゆらブラザーズと行動をともにする……

【感想】
本郷監督のクレしんファンタジーの最高傑作がヘンダーなら、初期クレしんのギャグ傑作であるのがこの暗黒タマタマや
全編通してたまゆらブラザーズとたまよみ族の奇妙な追いかけっ子を繰り広げながら
随所に切れ味鋭いギャグを挟み、テンポよく話が進んでいく
一方で本作のヴィラン、ヘクソンの強さは本物であり、数あるクレしんヴィランズの中でも相当緊張感のある戦いを繰り広げる
また兄としての自覚というのがテーマにありながら、その演出を最小限に、みるものに与える効果は最大限に構成された
まさにクレしん映画の超傑作や
初期クレしんが好きでおすすめできる一作があるとするならこれ一択やで

119: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:19:39 ID:uNs
たまゆらったまゆらったまゆらっゆ~らっ
振れば力が湧・い・て・く・る!

120: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:20:47 ID:x8a
珠由良ブラザーズが映画のオカマで一番すこ

125: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:24:20 ID:x8a
好きな女性のタイプ 松たか子

138: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:29:56 ID:vkB
ちょっとぉすみません、全日本心の演歌カラオケ大会の予選会場はどちらでしょうか?

139: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:30:34 ID:yva
>>138
素直にかわいそう

126: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:24:25 ID:P1f
【クレしんヴィランズ】ヘクソン
本作のヴィラン。格闘スキルは歴代ヴィランの中でも相当高い上に、数々の超能力を持つたまよみ族の子孫。
地図から人を探し当てる、気をあてて動きを止めるなど多岐に渡るが最も強力かつ印象的なのは読唇術
元プロレスラー、ガタイのいいオカマ三人組、夫妻、女性警官相手に一発もくらわず、息も乱さず戦い続ける
パラダイスキング、ママ、ジャスティスと行った肉弾戦の強キャラと比べても相当強いんやないやろか
しかし、意外な弱点を持っていた……

https://i.imgur.com/NkoLnFq.jpg
「貴様らが本当にこの世界を救いたいと思うなら私を倒してみせろ。
 さぁかかってこい、 私をもっと楽しませろ、
 燃えさせろ!」

129: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:25:14 ID:EpF
敵のプロレスラーが寝返るとこ大人になってから見返すと涙が出た
こんなに泣けるシーンやったっけ…

140: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:31:26 ID:P1f
【クレしんプリンセス】東松山よね
千葉県警成田東西署所 凶悪犯罪特別分室(自称)の女性警官
すーぐ銃をぶっ放す割に絶対対象には当たらないばかりか、信じられない方向へ暴発し味方を殺める危険性を孕んだ無能。でもかわE
スーパー銭湯でオカマ三人と子連れ夫婦の話を盗み聞きして無理やり入り込んだ危ない女だが、ひろしと二人きりになっても彼を慰めたり
小便しながら手を洗っていないばっちい手でもピンチとあらば掴める優しいところもある
自称「悪人にしか当たらない弾」やが、ある意味最大の悪を犯しかけた者にあたったのは伏線と言えるやろう
耳が性感帯
大体五、六回は踏まれてるし、扱いはそこそこ雑
https://i.imgur.com/C948fpA.jpg

「グロリアと呼んで」

141: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:33:41 ID:qk7
グロリアってなんなんやろ?

143: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:35:07 ID:uNs
>>141
なんかキャラクターの真似してるみたいなシーンあった気がしたけど
当時の海外の刑事物のキャラクターやろか

146: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:35:35 ID:P1f
>>141
明確になにかのキャラクターを模しているわけやないけど
刑事ドラマや海外アクション映画っぽいキャラになりきろうとしている

151: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:43:35 ID:Ynq
わざわざカヌレをほんまにお尻の穴みたいなんやろかと検索したのはワイだけやないはず

150: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:42:57 ID:P1f
これで今日は一旦終いにするで

クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
公開 1998年
監督 本郷みつる




あらすじ
お台場沿岸を屋形船で遊覧していたふたば幼稚園御一行は、突然海から現れた「おいろけ」を
名乗るお姉さんに困惑しているうち、飛行船に屋形船ごと持ち上げられてしまう
園児と教師たちはなんとか海に飛び降りて逃げ出すも、かすかべ防衛隊とおいろけは飛行船に連れ去られてしまう。
しんのすけが行方不明だと知り絶望する野原夫妻だったが、家に来訪した「筋肉」を名乗る男に
「おたくの息子は生きている」と告げられた。
その救出作戦に同行を申し出るが断られる二人。しかし、野原一家もそれに黙っているはずはなく……

【感想】
ワイが暗黒タマタマと並んで好きな、クレしん映画の超傑作
悪の組織とウイルスを巡って闘うスパイという設定を軸に展開されるストーリーは一定して面白く、
作中で登場するキャラクターは味方・敵含めどれも個性豊か
しかし本作で最も象徴的といえるのが、ウイルス”ぶりぶりざえもん”
ウイルスとして生まれた彼が、ぶりぶりざえもんになっていく姿、そして彼との出会いを経たしんのすけの涙
オトナ帝国に次ぐ感動作品や
また本作の「かすかべ防衛隊の夜」も五歳児のBGMとは思えないほど哀愁に満ちている
チェックポイントや

155: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:47:19 ID:P1f
【クレしんプリンセス】おいろけ
本名不明のSML(正義の味方ラブ)エージェント
実にいい体をしている
屈辱的な拷問や激しい暴行を受けながらもかすかべ防衛隊を守りつつ、息子のために奮起する
強くてかっこいいお姉さん
ドMらしい。たまらん

https://i.imgur.com/UXCSFE3.jpg

「……私が、勝つッ!!」

156: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:48:31 ID:Ynq
>>155
しかも結構尽くすタイプやで

なんで元旦那は浮気なんかしたんやろなぁ

158: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:50:04 ID:uNs
この映画でリョナに目覚めた子供もいただろうな

161: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:54:34 ID:Ynq
はじめてかすかべ防衛隊が活躍するのがこの映画やな
防衛隊が活躍する映画に外れなしがワイの持論や

160: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:51:33 ID:P1f
【クレしんヴィランズ】マウス
秘密結社「ブタのヒヅメ」を指揮する天才科学者であり、電子学の天才「大袋博士」を招致して
サイバーテロを起こそうとした悪役
精神にダメージを与える拷問をしたり基地を爆破しようとするえげつない悪役なのだが、手下ヴィランが目立ってたせいかイマイチ影の薄いところのある可哀想な男
しかし、わいは正直あの数式や化学式がずらりと並ぶあのシーンが
「悪の天才」感あって大好きである
せっかくのぶりぶりざえもんだが、相性が悪く終始馬鹿にされていた

https://i.imgur.com/cIvzm9L.jpg

「私は子供が大嫌いなんだよ!!」

162: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:58:34 ID:P1f
【ヒーロー】ぶりぶりざえもん
https://i.imgur.com/oTH57Dw.jpg

「……またこんな景色見られるかな」

「もちろんじゃよ、お前は自分の脚でここまで登ってきたじゃないか」

本作を象徴するキャラクターであり、しんのすけによって作られた救いのヒーロー、ぶりぶりざえもん
この映画ではそれが、世界を滅ぼすウイルスとして登場する
このウイルスの造形も、ひょんなことからしんのすけの落書きを見た大袋博士が強烈なインスピレーションを受け出来上がったものであり、
実質しんのすけが生みの親
彼の行動の殆どはギャグだが、実は相当やばいウイルスソフトで
抽象的だがセキュリティをごまかしてあれやこれや暴れまわった上に
パソコンから実体化までできる驚異のプログラム


しかし、彼は結局救いのヒーローなのだ

164: 名無しさん@おーぷん 19/10/01(火)23:59:42 ID:N1z
やっぱりしんちゃんの映画おもろいよな

167: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)00:01:03 ID:3IY
>>164
ドラえもん、ポケモンと毎年アニメ映画やるシリーズの中でも
やっぱクレしんは安定しておもろいわ
ドラえもんとポケモンはリメイクしだすようになったけど、クレしんもいつかリメイクやるんかな
他二作と比べて新しい分、リメイクしなくても元の作品で十分って意見は多そうやけど

171: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)21:22:10 ID:RKx
OP ED 挿入歌でおススメが知りたい

177: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)22:46:21 ID:3IY
>>171
SS 二中のファンタジー~体育を休む女の子編~(戦国)
S さよならありがとう(ジャングル) ◯あげよう(NO PLAN) OLA!!(サボテン)
A ひまわりの家(暗黒たまたま) 元気でいてね(オトナ) RPG(SEKAI NO OWARI) こんな時こそ焼肉がある(ヤキニク)
B Crayon Beats(ポッキリ) いい湯だな(温泉ワクワク) SIX COLORS BOY(ヘンダー) たすけてケスタ (雲黒斎) オメデトウ(花嫁)  
C PURENESS(ブタのヒヅメ) 僕は永遠のお子様(ハイグレ) ファミリーパーティー(ロボとーちゃん) 約束SEE YOU(ブリブリ王国) ロードムービー(シリリ) Cry Baby(ケツだけ爆弾) GO WAY!(アミーゴ)
D やんちゃ道(野生王国) 人気者で行こう(金矛) 笑一笑 ~シャオイーシャオ!~(カンフー)
E イエ○ーパンジーストリート(スパイ) 少年よ 嘘をつけ!(プリンセス)

主題歌はこんなかんじでおすすめ

179: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)22:58:27 ID:RKx
>>177
サンガツ

186: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:18:49 ID:5gr
>>177
RPGだけ歌手名が()に入っとるで

187: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:23:08 ID:3IY
>>186
お、サンガツ
気づかんかった

178: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)22:47:14 ID:3IY
OP、EDやと定番の月灯りふんわり落ちてくる夜、バカっぽでGO、夏の動物園は大変だ、Do-してかな

189: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:24:30 ID:3IY
クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦
公開 1999年
監督 原恵一




あらすじ
ある日しんのすけが散歩をしていると、道端で行き倒れていたおっさんを拾得
彼は「温泉の精・丹波」と名乗り、野原宅でしんのすけと共にお風呂に入る。
しかし、しばらく話しているうちに、丹波は姿を消してしまうのだった
数日後、野原一家は警察を装った「温泉Gメン」に確保される。彼らは悪の組織「YUZAME」に対抗するため
"金の魂の湯"という温泉を探していた。
その温泉は、野原家の地下にあったのである………

【感想】
軍事面描写の考証がすごいとミリオタでもっぱら噂の本作は、全編温泉を軸に、バイオレンスを混ぜつつ進んでいく
面白いながらどこか力の抜けた作品
温泉中心で無駄に高性能な設備を備えたGメンの組織や、驚くほどアホらしい理由から悪へと転じたYUZAMEのボス、
エンディングの「いい湯だな」などいい感じに力の抜けたストーリーとゴジラパロディなどの小ネタが光る隠れた良作やで

190: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:25:17 ID:5gr
>>189
ワイ今日これ3回見た

191: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:25:56 ID:wE6
温泉大好き
エ○いし

192: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:26:23 ID:SBY
温泉わくわくはネタが明らかに大人向けやったからな…
今見たらすんごいおもろいんやけど興行収入ワーストなのはしゃあない気がする

196: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:31:07 ID:3IY
【クレしんヴィランズ】Dr.アカマミレ
https://i.imgur.com/XkR0n3a.jpg

実に不潔なその名前にそぐわない不潔なオトコで、部下も含めて全員お風呂嫌いという
地獄みたいなブラック組織を統べる変人だが、日曜大工で極めて大掛かりな拷問施設を建設するなど
他のヴィランズに負けず劣らずの天才
ほとんどのシーンでは冷静、冷酷、非情な悪役らしさを見せるものの、
終盤で自身の過去を明かした途端、途端に馬鹿らしく見えてくる本映画屈指のコメディリリーフといえる
しかし、その主張にはどこか哀愁が漂っとる
どこかグルメッポーイに通じるところもあるな。あっちはシリアスやったけど

198: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:37:51 ID:3IY
【クレしんプリンセス】後生掛
https://i.imgur.com/NvPlQRP.jpg

温泉Gメンの一人でエチエチの身の能力者。
身長105cmのしんのすけを挟むほどの乳持ちで、YUZAME達とは対象的に、温泉を見た瞬間服を脱ぎだすほどの温泉狂
極端なのはいかがなものか
ジョーの指圧で足をヒクヒクさせながら悶絶する姿は実にええもんや
秘密組織の一員なだけあって重火器の扱いには優れる

【クレしんプリンセス】指宿
https://i.imgur.com/u8nX2Ou.jpg


温泉Gメンの一人でエチエチの身の能力者。
その豊乳に轢かれたひまわりに乳を揉みしだかれ感じちゃう子供向けアニメに登場してはいけないタイプのキャラクター
ノリは軽く性格はおっとりで、ちょっとマイペースだが後生掛と同じく重火器は扱えるし戦いではかなりの有能
ジョーのマッサージに悶絶したり、温泉を見た瞬間服を脱ぐなど根は温泉狂い

アニヲタwiki曰く
「御生掛同様指圧され腰を振りながら「あはあぁぁん?」と喘ぎまくり秘密をばらした。
悶え狂う際には内股になりお尻を突き出して腰を振りまくり口をパクパクさせるエ○い姿になってしまう。」

ワイ一応これ書く時にggりながら書いとるんやけど、こんなエ○いシーンやったっけと素直に不安になってしまったわ……

235: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:38:18 ID:MTX
>>198
指宿ちゃんがナンバーワン

202: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:43:02 ID:3IY
【番外編】クレしんパラダイス! メイド・イン・埼玉
監督:水島努

ちょっと悩んだがやっぱりこれは別途記述する価値のある傑作や
野原刑事の事件簿、ひまわり・あ・GOGO、ふしぎの国のネネちゃん、ヒーロー大集合、私のささやかな喜び、ぶりぶりざえもんの冒険・銀河編
で構成された同時上映の短編集や
暗黒タマタマに次ぐギャグ長編の傑作、ヤキニクを監督した水島努の作品なだけあって、どれもこれも鋭い切れ味のギャグとクレしん独特のファンシーで色鮮やかな世界が隅から隅まで堪能できる
ワイのお気に入りはぶりぶりざえもんの冒険銀河編
塩沢の完璧なツッコミにはほとんどの人が笑うやろう

https://i.imgur.com/54D6t0c.jpg
https://i.imgur.com/NEzxatz.jpg
https://i.imgur.com/i7FXQKh.jpg

203: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:44:30 ID:37c
イブちゃんひろしに惚れてたよな
まぁ戦力外通告食らってしょんぼりしてたとこに
「家に帰る、あそこは俺達、家族の家だ」とか言い出して
道問わず爆走するワイルド親父とか惚れるしか無いけど

204: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:45:07 ID:3IY
>>203
振る舞いを見るにそもそもあの子おじさん好きっぽいしな

205: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:47:02 ID:wE6
えっちな子だねぇ…

206: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:52:38 ID:3IY
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル
公開 2000年
監督 原恵一




あらすじ
アクション仮面の新作映画、「南海ミレニアムウォーズ」の試写会を兼ねた豪華客船ツアーに参加するかすかべ防衛隊とその母親陣(+ひろし、ひまわり、シロ)
しんのすけの顔見知りであるアクション仮面役の郷郷太郎も参加する客船での試写会、予告編で流れていたアクション仮面のピンチという一番の盛り上がりで映画が消え、突如現れた正体不明の猿たちが客船を占拠
大人たちを連れ去ってしまう
夜が明け、船内に取り残されあてもなく海を見つめる子どもたち。
このままでは埒が明かない、というしんのすけの提案をきっかけに、かすかべ防衛隊は大人たちを奪還するため、猿の本拠地である離島へとモーターボートを走らせた……

【感想】
ワイ超おすすめの作品であり、アクション仮面も悪役も最高にかっこいい、最高に面白い最高づくしの超傑作
猿たちが突如オトナを連れ去るという不気味な導入から、五歳とは思えない行動力で離島を冒険するかすかべ防衛隊のコメディチックで楽しい笑劇
敵の本拠地に乗り込んでからは一転、圧倒的な強さと支配欲とを有する悪役と、子供の夢と希望を背負ったヒーローとの真剣勝負が繰り広げられ
アニメでも漫画でも映画でも散々示され続けたしんのすけの「アクション仮面」へのあこがれと信頼が、一人のスタントマンに過ぎない郷太郎をヒーローとして奮い立たせる

なかんわけないやろ!本当におすすめです

208: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:54:01 ID:5gr
ひまわりが野宿してるとこに現れてから泣くまでの流れが最高に泣ける

209: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:55:02 ID:G8N
大人たちが閉じ込められてるシーン本当に怖い

211: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)23:58:56 ID:3IY
【ヒーロー】アクション仮面
https://i.imgur.com/n6FQbpy.jpg
「オラは正義の味方のアクション仮面が好きだもん!
正義の味方はカッコイイんだぞ! 強いんだぞ!
悪モンなんかに負けないんだぞ!
今はやられてても、最後は絶対勝つぞ!」


皆大好き、青と赤と緑の体が特徴的な正義のヒーロー、アクション仮面
第一作では異世界の本物のヒーローやったが、本作では「郷郷太郎」というれっきとした中の人が存在する
といっても郷太郎としての行動はほとんどなく、大抵のシーンではアクション仮面として活躍する。スーツも着っぱなしや
子供の夢の象徴とも言えるヒーローやが、たびたび現実とヒーローの違いというのは描かれておる
圧倒的な強さでまたたく間にすべてを解決することはできないし、空を飛べるのは作品の中、キンタマは当然弱点
しかし、それを乗り越え、ヒーローとしての姿を崩さない彼に大人も子供も号泣必死
空中から落下する五歳児がキンタマにしがみついても、一瞬怯んだだけで即座に立て直す漢の中の漢

画像のチョイスはヴィランとの戦闘で、人々の応援を受けて奮起するアクション仮面
体を震わせながら吠える姿は、最高にカッコイイヒーローだ

213: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:04:10 ID:9fi
【クレしんヴィランズ】パラダイスキング
https://i.imgur.com/mJkRy2P.jpg

「王様ってのは欲張りで、気まぐれで、残酷で……退屈しているんだよ」

「うるせぇ!吼えりゃあ強くなるのかよ!!」

「俺様はキングオブヒーロー。王の中の王……パラダイス・キングだ」



クレしんヴィランズ史上、最もクールでファンキーで、カッチョイイヴィランと言っても過言ではない
本作の花形とも言えるキャラクター
登場はそれほど早くもなく、中盤でちらちら姿を見せる程度だったが
小便ついでにダイナマイトで魚を爆発させ猿に漁を指示するという圧倒的なファンキーを身にまとって登場
上記のセリフから伺える通り、王としての圧倒的な自信と目がくらみそうなほど強烈な自己顕示欲、支配欲に満ちた男
その強さは折り紙付きで、しんのすけの撹乱がなければアクション仮面はまず勝てなかったほど体術に優れている
竹を編んだ特設リングを、とても戦い向きとは思えないブーツを駆使して縦横無尽に駆けめぐる姿は
まさにキングオブキング、猿たちの王なんや

217: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:11:51 ID:Rdw
パラダイスキングほんと好き
全創作作品に出てくる王様のなかで1番好き
マジでかっこいい

215: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:05:04 ID:Bry
クレしん映画の人間の敵って過去に何かあって自分なりの信念持ってるやつが多くてええと思うわ

216: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:09:30 ID:wrA
そいえば嵐を呼ぶがついたのもジャングルが最初やな
パラダイスキング登場時のカンフーファイティングもすき

220: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:15:24 ID:9fi
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
公開 2000年
監督 原恵一




あらすじ
懐かしのヒーローになりきり、魔法少女に変身し、万博を再び楽しみ、思い出の品々を購入できる夢の施設、20世紀博
ひろし、みさえ含めた多くの大人たちが魅了される一方で、懐かしさとは無縁のしんのすけたち子供らは退屈な日々を送っていた
ある日の夜、20世紀博からのお知らせとモノクロの放送で「明日の朝、お迎えに上がります。みなさん元気に、愉快に過ごしましょう」という短いメッセージをきっかけとして
大人たちがまるで子供のように振る舞ってしまう奇妙な現象が発生
翌朝、大人たちはまるで自分たちが子供であるかのように振る舞い、実際の子供を邪険にし、しまいには青いトラックの荷台に乗ってどこかへと去ってしまった
残されたかすかべ防衛隊はラジオ放送を通じ、それが「20世紀博」による仕業だと知る
彼らが送った送迎トラックに乗らない反抗分子は捉えると宣言されるも、かすかべ防衛隊は戦うことを決意するのだった

【感想】
いわずと知れたクレしん映画の最高傑作
あまりの名作ぶりにクレしんファンの中でも評価は分かれ、過剰に持ち上げられたり貶められたりした不遇の時期が度々あったものの
今なお比肩するものなき名作として名高い作品
恐らくクレしん映画をそんなに知らんやつの中でも有名やろう
ワイもほんまに大好き
ジャングルでも描かれた「大人がいなくなる」という恐怖に加え、大人たちが子供に戻る、全放送がモノクロになる、町の電気が消えるなどの演出によって
最大限大人不在の世界の怖さを描ききった導入は完璧としか言いようがない
かすかべ防衛隊によるギャグシーンを中心に構築された中盤はデパートに宿泊し、追ってから逃れバスで友人たちと逃亡するという子供のロマンの塊のような展開
そしてかの有名なひろしの回想を転回部に、野原一家が未来を勝ち取ろうと20世紀博のタワーを走る姿は涙なしでは見られない
すべての人物の描写が実に丁寧であり、20世紀を描いたディティールも細やか、
どこを見ても完璧という本当にすごい作品や
いまからでも遅くない、みるんやで
見たことあるやつももいっかいみるんやで
それくらいすごい作品やから

221: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:16:34 ID:Bry
クレしんどころかアニメ映画の中でも最高峰やと思うわ

222: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:16:43 ID:F7M
ぐうレジェ

223: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:16:44 ID:GcQ
感動路線そんなに刺さらないから普通におもしろいくらいやな

224: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:17:26 ID:cHV
エンディングの小林幸子の歌の歌詞がまたいいんだよな

227: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:18:24 ID:Ciq
またここら辺の映画全部見たいわ

229: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:21:24 ID:9fi
【クレしんヴィランズ】ケン/チャコ
https://i.imgur.com/lggz6SO.png

「お前達が本気で21世紀を生きたいなら、行動しろ。
未来を手に入れてみせろ。」

21世紀の汚さに絶望し、20世紀を取り戻そうと行動する本作のヴィランズ
強い信念を持っているという部分は多くのヴィランに共通しているものの
非道な悪役でもコメディな面を見せることがほとんどのクレしん映画ではかなり珍しい、シリアス一本通しの悪役(他はジャスティスくらいか?)
肉弾戦などは一切なく、匂いと部下だけを使いしんのすけたちを追い詰めながら
弱点であるタワーのてっぺんについて教えるなど精神的にはかなりフェアでカリスマ性もあるケン、
ケンに寄り添い、20世紀に焦がれるチャコのコンビはこれまでにない雰囲気が出とるで

「お前たちの未来、返すぞ」は本当に名言だと思う

230: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:25:18 ID:Bry
最後の「ずるいぞ!」とおまたがひゅうっとしたがすき

231: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:35:07 ID:9fi
多分ちょうどセル画はここで終わりだったはず
せやからここらへんにしとくわ

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
公開 2001年
監督 原恵一




あらすじ
ある日、野原一家は皆時代劇に出てくるような女性の夢を見、不思議がる
その翌日、幼稚園から帰ってきたしんのすけは、「おらてんしょうにねんにいる」という怪文書を見つける
そこに書かれた「ちょーびじんのおねえさん」を想像し目を閉じたしんのすけは
目を開けた途端、夢で見た泉のほとりに立っていた。
しんのすけはその文書通り、天正二年にタイムスリップしてしまったのだった
時代劇の撮影だと思い込んだしんのすけは、道中で井尻又兵衛という侍に助けられ
春日城に案内される
そこで出会ったのは、廉姫。夢で見たお姉さんだった……

【感想】
ある意味ではオトナより荒れやすいこの映画
その原因は実にはっきりしていて、野原一家の個性を打ち消しかねないほど重厚で作り込まれた戦国時代の描写と
井尻又兵衛、廉姫を中心に繰り広げられる恋愛劇が
「クレしんらしくない」という印象を与えるためや
ぶっちゃけワイはそんなんどっちゃでもええのでこの映画は大好きやし
しんのすけと又兵衛の関係性がほんまに好きなので、最後のシーンではぼろぼろ泣いた
前述の通り時代考証がしっかりしたゆえの重厚な戦国時代で、野原一家があれこれと暴れまわるカタルシスというのはきっちり抑えてあるので
単純に感動部分を抜きにしても面白いと言えるやろう

二中のファンタジー~体育を休む女の子編~はワイ的クレしん映画主題歌文句なしのベスト1
おもっくそふざけたタイトルやが、映画の余韻とシンクロしたようなイントロとある作中人物を隠喩した歌詞があまりにもズルい

232: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:36:39 ID:aAg
「クレしんに感動はいらない」って人達が全力で否定しとる映画やな

244: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:48:41 ID:9fi
>>232
?「別にクレしんでなくてもええやろ!」
山崎「そうか!じゃあ実写したろ!」



名 も な き 恋 の う た



248: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:50:35 ID:zfa
>>244
クレしんっぽくはないけどクレしんやからこそ感動できたし面白かった話やわ

250: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:51:04 ID:9fi
結局時代考証の凄まじさも又兵衛や廉姫のキャラクターの緻密さも
大筋のストーリーが割とありきたりだったから
野原一家という珍味で味付けしてあそこまで面白くできたのであって
どっかの知らんバンピーとやっても意味ないんだなあって

251: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:52:51 ID:aAg
>>250
これやね

それに映画では毎度の事かも知れんがやっぱりしんのすけの成長の描写はどの作品でもグッとくるものがある

257: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:54:29 ID:9fi
>>251
いつもおバカなことしかしないしんのすけでも映画では真面目な一面を見せるって結構大事なことやんね
ここを欠くとアニメスペシャルみたいな出来の映画ができてしまう

236: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:40:40 ID:9fi
【クレしんヴィランズ】大蔵井高虎
https://i.imgur.com/fNcuGfP.jpg

「お前、逃げるのか!?」

名前は結構最初の方からちらちら出とったが、登場シーンが少なくやってることがそこそこ小物なのに
えげつないせいで、ヴィランズの中では魅力に乏しい
結婚を迫って断られ小国を潰そうとする性根は腐りきっとるが、相手を完璧に支配下に置き勢力を伸ばそうとする野心の強さや
和睦に見せかけて奇襲を仕掛ける狡猾さ、非道さなど悪役としてはかなりよくできた人物

238: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:44:54 ID:9fi
【クレしんプリンセス】廉姫
https://i.imgur.com/UKuFSVi.jpg

「……おい……青空ざむらい」

野原一家の夢に現れた可愛らしい容姿の姫。雲谷斎、ヘンダー以来の本物のプリンセス
お転婆で、姫とは思えないほど度胸があり、かつ身分の差など気にしない性格だが、根は気高く侍の血らしい振る舞い
野原一家が戦国時代に招かれたのも、又兵衛のために祈り続けた結果
その強さ、優しさ、美しさで、真面目くさった堅物の又兵衛の心を惑わしつつ、作中でもいい感じにくっつきかけていたのだが
その結末は、カスカベボーイズの椿ちゃんと並ぶクレしん映画屈指の悲恋に終わった
上記のセリフからEDへの流れで泣かないやつがおるんか????

234: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:38:10 ID:frk
戦国時代の戦い方がアニメの中で一、二を争う程しっかり描かれとるんやっけ

239: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:45:09 ID:xMQ
>>234
戦国モノマニアからも評価高いらしいわね
随分しっかり調べて作ったんやろな

242: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:47:19 ID:9fi
>>239
せやね
雲黒斎と同じく描写が細かいが、雲黒斎と違って国同士の戦争を描いてる分
細かい部分での密度は戦国のほうが上やと思う

240: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:46:37 ID:9fi
とりあえず今日はしまいにしようと思うが
まだ10作目、折返しにも達してないんやな
書いててクレしん映画の歴史の深さを身を以て知ったわ
途中で諦めるつもりはないから気長に付き合ってクレメンス

241: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:47:16 ID:mOs
オトナ帝国!→アッパレ戦国!→ヤキニクロード!!!…?

243: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:47:48 ID:9fi
>>241
前二作のプレッシャーに負けず全編ギャグで押し通した有能やから……

245: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:48:42 ID:xMQ
子供の頃はアッパレ戦国見ても退屈で寝てまったけど
最近見直してボロボロ泣いたわ
明らかに子供向けではない

247: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:49:46 ID:9fi
>>245
オトナはともかく、あっぱれや温泉は子供には退屈かもしれんな
退屈になるとしても監督の色を出しているからこそ昔のクレしん映画は面白かったとも言える
まあ最近も結構おもろいけどね

253: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:53:36 ID:Sm6
又兵衛を貫いた弾は誰がどこから撃ったのか未だに謎やな
確か貫通しとったやろ?あの時代でそんな威力のある鉄砲作れるんやろか

261: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:56:26 ID:9fi
>>253
火縄銃は普通に鎧貫通するし思いっきり致命傷与えるで
発砲者については諸説あるが「しんのすけの介入より序盤で死を免れた又兵衛が
事が解決した後に本来命を落とすはずだった事象で命を落とす」=タイムパラドックスの回避
が割と有力

285: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:02:18 ID:Sm6
>>261
はえー
じゃあやっぱり諦めきれない敵兵の誰かが撃ったって事なんやな

290: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:05:02 ID:kxH
>>285
誰が撃ったー!って叫んで味方が俺じゃねえよって狼狽えて火縄銃捨てるシーンしかないから
異次元から来たんじゃね

294: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:06:26 ID:9fi
>>285
>>290

そこらへんも議論の対象やが時空を超えて弾丸飛んできた説が濃厚

269: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:57:45 ID:xMQ
戦国モノとしてだけじゃなくてタイムスリップモノとしてのクオリティも高いのか

276: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:59:49 ID:9fi
>>269
そもそもクレしんでやらないならタイムスリップものの意味がほとんどない
現代の知識で無双するカタルシスは車のシーン以外ほぼなく、あくまで現代人と過去人の交流が目的やからな
特に「身分の差など関係なく誰とでも恋をする」ちゅう時代観を教えられながらも、ほぼ最後までそれを貫いた又兵衛ってのが鍵やから
それにタイムスリップしてあれこれするなら野原一家の方が断然おもろいに決まっとる

277: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:00:25 ID:VbY
指で数えるほどしかないしんちゃんの泣くシーンとかいう大概名シーン

282: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:01:31 ID:aAg
>>277
豚のヒヅメで人知れず涙を流すシーンはもうね…

291: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:05:35 ID:9fi
>>282
あのシーンはクレしん映画史上トップクラスに感動できるシーン
自分が生み出したヒーローとだけあって、アクション仮面とは違う思い入れがある
後その前のぶりぶりざえもんの冒険が最高にいい話だった

279: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:00:51 ID:MTX
こうしてみるとどれも面白いな
カスカベボーイズまではハズレなしやわ

562: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:10:57 ID:ohl
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード
公開 2000年
監督 水島努




あらすじ
野原家は皆、みさえの出したあまりにも貧相な朝飯に憤慨していた。
しかし、その貧相の朝飯は豪華焼肉セットを買うため、生活費を切り詰めた結果だと知り、掌を返して喜ぶ一同。
だがそこへ妙な顔をした白衣の男がやってきて、「匿ってくれ!」と懇願する。
当然はねのけるひろし達だが、続けて野原家の壁を車でぶち破り侵入してきたサングラスの男「堂ヶ島少佐」が白衣の男に「アレを渡せ」とにじり寄る。
だが白衣の男は言った。
「それが堂ヶ島少佐、アレはこの家族に託しました!!」
何も渡された覚えのない野原一家は反論するものの、堂ヶ島少佐達は野原一家を強制的に連行すると決意。
家からなんとか逃げ出すも、いつの間にか野原一家の写真が全国に配布され、指名手配犯一家としてニュースで報道されていた……
野原一家は濡れ衣を晴らすため、そして今夜一家揃って焼き肉を食べるために、彼らの本拠地、熱海へと向かう

【感想】
前二作から一転、全体的にギャグで構成された本作は笑いどころ満点の実に楽しい映画として仕上がっとる
焼き肉を食べたかっただけなのに組織の争いに巻き込まれる野原一家の不幸っぷり、しかしその中でも決して希望を捨てず
焼き肉に向かって一家それぞれが走る姿に勇気をもらえるで。
なんとなく今風の画風で書かれたヴィランたちも要チェックや!

564: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:17:08 ID:ohl
>>562
なんか公開年ずれてたわ
2000→2003

563: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:16:11 ID:ohl
【クレしんヴィランズ】ボス
https://i.imgur.com/ZwsYcFr.jpg

有限会社スウィートボーイズの代表。テルマエ・ロマエを思わせる古代ローマ風の服装だが
極度の汗のせいで暑苦しい容姿。
父から継いだ温泉稼業が潰れてしまい、そのことをきっかけに「熱海に見捨てられた」と考えるようになり熱海への復讐を目論む
そのためのある秘密兵器のある重要な鍵を野原一家から回収しようとあの手この手で追い詰める。
かなりコミカルに描かれているが、そのはっちゃけぶりと本気具合から潰れたときの出来事が相当ショックだったようや

【クレしんプリンセス】トラックの男
https://i.imgur.com/BV82c17.jpg

野原一家を知らないにもかかわらず協力してくれる優しいお兄さん。
オカマというわけではなく、バイセクシュアル
その筋肉通りの強さを誇り、足で相手を締め付け完全に動きを封じる妙な技を持っている
女装したひろしが男だと知っても、妻子がいると知ってもなお追いかけるピュアハートの持ち主で
秘密兵器が使用されるまでは、終盤までひろしをおい続けた健気な男、

565: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:19:40 ID:76f
>>563
ホモだが良いやつ

256: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:54:15 ID:Gw1
ヤキニクは序盤にギャグぶち込み過ぎて後半少しダレたのだけが難点やな
普通に面白いけど

259: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:55:31 ID:aAg
>>256
裏切りおにぎりという永遠の称号

263: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:57:08 ID:Gw1
>>259
ちょっとお菓子詰め合わせに釣られて親友売っただけなのに酷い蔑称やでホンマ

268: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:57:35 ID:9fi
>>263
ちょっとお菓子につられて親友売ったからやろ!!

274: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)00:59:30 ID:frk
まさおくんは犬死にやけど勇敢に突っ込んで敵に認められて俺の水を飲めって言われたからセーフ

284: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:01:40 ID:MTX
>>274
あのシーンも大好き

310: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:11:09 ID:y8b
デジタル化してからおもろくなくなった気がする

318: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:12:54 ID:xMQ
>>310
脚本とセル画とデジタルの問題は別なんやろけど
やっぱセル画特有の温かみというか、やっぱええよな

315: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:12:17 ID:yMp
クレしんは感動()よりホラーをウリにしたらええと思うの
感動するやろ?ええやろ??って感じやなくてあくまで感動はおまけみたいな

323: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:14:06 ID:9fi
>>315
まあ面白いクレしん映画の大半は結構怖い部分も多いからな
子供目線から異世界や日常の異変を描こうとすると必然的におどろおどろしい部分が多くなったりするってのがでかいと思うわ
アミーゴみたいに、シンプルにどっからどう見ても怖いのは結構珍しい

320: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:13:14 ID:kxH
単純にハイグレみたいにギャグ全振りにしろ

330: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:14:55 ID:9fi
>>320
ギャグ極振りならヤキニクやろ
ギャグ高めならハイグレかタマタマ
最近だとB級はギャグ値高い

332: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:15:42 ID:kxH
>>330
焼肉は合わなかったわ
寝ちまった

340: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:17:12 ID:9fi
>>332 
まじか……まああれだけたくさんあると合う合わないはあるわな 
しゃあない 

349: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:18:41 ID:kxH
>>340
しんみりしたカスカベの次がハイテンションなギャグやからワイがついてこられなかったらしい

361: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:21:12 ID:9fi
>>349 
そこ監督の変わり目やから雰囲気も大幅に違っとるし、なにより初デジタルやからな 
見る人によっては以前とぜんぜん違うように見えるやろね

566: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:28:31 ID:ohl
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
公開 2004年
監督 水島努




あらすじ
リアル鬼ごっこをしていたかすかべ防衛隊は、あれやこれやと動き回るうち、
「カスカベ座」という映画館に辿り着く。
すでに潰れてしまったらしい館内に侵入した五人は、なぜか上映されたままの映画に気づき、そのまま見始める
そこでしんのすけは尿意を催し一人でトイレに駆け込む。すっきりして戻ってくると、さっきまでいたはずの四人がいなくなっていた
家に帰ったしんのすけは「自分をおいて先に帰ってしまった」と一人怒るが
その後「風間くんが帰ってこない」「ネネちゃん、ボーちゃん、マサオくんも」と言った電話が入ってくる
まだ映画館に閉じ込められてるのでは、とシロを留守番させ、野原一家は映画館の中に入る。
そして上映されたままの映画を見つめていた四人は――気づくと映画で流れていた景色の中に立っていたのだった……

【感想】
クレヨンしんちゃんの中でもひときわシリアスなシーンが連続するという部分からして、他の映画とは一味違った意欲作。
他の映画やと「しんのすけ以外はシリアスでも、しんのすけ達だけ呑気にしている」ということが多かったが
本作では終始しんのすけ達が問題の中心にいるし、ムチで打たれたり暴力を振るわれたり、仲違いするのもしんのすけなんや
本作のヴィランの特殊性もあってか徹底的に追い詰められる野原一家やが、その分、映画の真実に気づいてからのかすかべ防衛隊の活躍のカタルシスが半端じゃない
また本映画ではプリンセスとしんのすけとの、恐らくクレしん映画史上最大の悲恋が描かれている
誰に対してもおすすめできる超傑作や

567: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:32:50 ID:ohl
【クレしんヴィランズ】ジャスティス
https://i.imgur.com/nenFaJ0.jpg

クレしん映画の中でも終始真面目でかつ強力だったヴィランと言えば
ケン&チャコ、パラダイスキングなど色々と思い浮かぶが
根は真面目でもどっかやってることはアホらしい(アカマミレ、Dr.マウス)奴らと比べて
性格も行動も完全な悪役という非常に珍しいヴィラン。
類稀なる鞭の技術と、保安隊を武器に徹底的に反抗分子を制圧、逆らったものには拷問を加え
余興に五歳児で弄んだり、女性や子供を鞭でいたぶって川に捨てたりするなど
吐き気をもよおす邪悪や
最終的には西部劇おかまいなしのロボットまで繰り出して、プリンセスを地面に叩き落とそうとする非道を働くが
最後の最後でしんのすけに負けたその姿は、哀愁に満ちている

568: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:39:23 ID:ohl
【クレしんプリンセス】つばき
https://i.imgur.com/awfkXcP.jpg

「……よーし……」


本映画のヒロインであり、映画内では最も野原一家、特にしんのすけに対して献身的に助力した優しい女の子
つねに靴を履いていないが、これは何かミスを犯したためにジャスティスから奪われてしまったため
ジャスティスに仕える一方で、彼らから敵視されてる野原一家を助けるも、当初は引きずられているオケガワ博士を助ける勇気がでなかったが
しんのすけとの交流や自身の心境の変化により、彼を助けるようになるなど少なからず成長も見られる

14歳前後と見られる若さ、幼さ故にしんのすけの恋愛対象とはずれている(そもそもしんのすけの恋愛の9割は一目惚れなうえ、一時的なナンパ程度)はずが
徐々にしんのすけはその優しさに惹かれたのか、終盤では愛の告白をするにまで至る(ななことどっちか本気で迷うくらい入れ込んでいた)
しかし、彼女はある秘密を抱えており、そのせいでしんのすけとの仲は引き裂かれてしまう
悲恋で終わった映画の後、靴を履いた彼女としんのすけが踊るエンディングは誰もが涙するだろう

338: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:16:48 ID:yMp
つばきちゃんとかいうクレしん映画中最高のヒロインさん

337: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:16:46 ID:kxH
結局ユキはシロだったのか

339: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:17:11 ID:kxH
間違えたつばきちゃんはシロやったんか

343: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:17:50 ID:9fi
>>339
昔はその説有効やったけどね、明確に公式に否定されてもうた
まあワイもあんまり信じてはない

352: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:19:22 ID:kxH
>>343
否定されたんならしゃあないな
映画のキャラかぁ

345: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:18:13 ID:5Ck
ワイはカスカベボーイズ見た後1週間くらいはつばきちゃんのことしか考えられん抜け殻みたいなったわ...

351: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:18:52 ID:xMQ
シロ雄なのに椿ちゃんがシロだったら色々とイメージ壊れるから違くてよかった

361: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:21:12 ID:9fi
>>351
そもそもあの現象では犬が人間になって入ったりはしないやろって言うのがでかい
まあ意味深ぽく見えた最後のシロも、しんちゃんが立ち直るきっかけとしてのものやろね

357: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:20:27 ID:aAg
どう見たらシロがつばきちゃんになるねんとは思う

374: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:23:58 ID:kJN
椿ちゃんって結局映画のキャラだったってだけやしな

376: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)01:24:54 ID:9fi
>>374
そんなに複雑な終わり方でもないし結構シンプルな話やとは思うんやけど
終盤に意味深なシーンを詰め込んだのと、恐らく相当数がショックを受けたため受け入れきれず妙な方向へ考察がこじれてったのはでかいわ

569: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:44:42 ID:ohl
クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃
公開 2004年
監督 ムトウユージ




あらすじ
カップラーメンを作ったままうたた寝をしてしまったみさえ
しかしふと起きると、カップラーメンをすするしんのすけのおもちゃ「怪獣シリマルダシ」を発見
彼は時空調整員「ミライマン」を名乗り、かつてのどっかのタイムパトロールよろしくシリマルダシの体を借りているという
その後、しんのすけ達が帰宅するとみさえの姿はない。しかしひょんなことから掛け軸の裏に不思議な空間を見つけ、その中に入っていく一家
すると、春日部市で暴れまわる怪獣と戦う可憐な少女の姿があった……

【あらすじ】
何かと駄作と言われがちな本作、実際の子供人気は高いながらも
中盤のまるでダイジェストのようなシーンの連続からクレしんファンの大人からは大変人気のない極端な作品
随所に散りばめられた特撮パロディは結構楽しいものの、やはり「ヒーローという仕事に溺れる一般人」を描くにあたって
必要な描写が不足しているのは否めない
でもやっぱり怪獣やヒーローの造形は楽しく、プリティミサエス含めそのへんの「絵面の楽しさ」を見ると
意外と楽しめるかもしれない

570: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:47:08 ID:ohl
【クレしんヴィランズ】怪獣たち
https://i.imgur.com/CF9MPUN.jpg

怖さとともにどこか懐かしさを感じる怪獣たち
その見た目通りいろいろな種類と特性を持ち、あれやこれやと春日部を崩壊させる危ないヤツラ
ミライマン曰く、ヒーローに溺れすぎた一般人の姿らしく
倒しても死ぬわけではなくエネルギーをそのまま回収されるだけという
地味に未来の闇が伺える可哀想なヤツラ
ぶっちゃけ、ワイはこいつらのデザインがすきや

571: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:50:14 ID:ohl
【クレしんプリンセス】ミサエたち
https://i.imgur.com/Niag82N.jpg

何もかもがエ○いミサエの変身姿
他の野原一家の変身と比べても明らかにヴァリエーションが多く、作画にも無駄に気合がはいっている
こんなドエ○イ格好をしておいて中身が29歳子持ち人妻というところに儚いエ○を感じる
必殺技が70年代の歌謡曲というところに、妙なこだわりを感じるナカナカなキャラたちだ

572: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:50:27 ID:0IB
時間と描写が足りてないよなぁやっぱり…

573: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:51:25 ID:ohl
>>572
絶対それが足りてれば良作にはなれてた
中盤をダイジェストで流さずもう少しヒーロー描写以外の部分も作り込んでればよかったねん

574: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:51:28 ID:0IB
波田陽区の攻撃が無駄にかっこよかったの草はえたわ

575: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)11:51:47 ID:ohl
>>574
あいつ洒落にならない被害出してんだよなあ……

582: 名無しさん@おーぷん 19/10/04(金)23:47:08 ID:EaT
3分ポッキリは初めて見にいった映画だったわ。小さかったから特撮パロディは凄い面白かった
今見るとみさえとかどエ○いけど一緒に見にいった両親はどんな気持ちで見てたんやろか

589: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:07:20 ID:7Dk
クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!
公開年:2006年
監督:ムトウユージ




あらすじ
何の変哲もないある朝、普段どおりの生活を送るしんのすけだったが、妙に機嫌がよくしんのすけにノリノリな吉永先生や、無駄にマサオくんに優しい酢乙女あいなど、普段とは違ったさまを見せる者たちを訝しむ。
ボーちゃんはそれに対し、「本物そっくりの偽物が現れ、本物がどこかへ姿を消してしまうという都市伝説を話す」
数日後、野原一家がスーパーマケットへ行くと、迷子になったしんのすけが、みさえとひまわりが2組いるという奇妙な光景を目撃する。「お菓子をたくさん買ってあげる」としんのすけを誘惑する偽みさえについていきかけたが、そこへ「ツンデレ」と書かれた
ジャージを着た女性が現れ、偽みさえを倒す。
その出来事の後、前々から様子のおかしかった吉永先生や園長先生が突如、おゆうぎ会で「サンバ」を踊り始めようと言い出すのだった。

【感想】
恐怖演出はあっても異世界の奇妙さ、ふしぎな出来事など、どちらかといえば童話的世界観で描きがちだったホラー描写と一風変わって、
突然本物が偽物に入れ替わり、その偽物は体がぐにゃぐにゃになる、というどストレートなホラーで構成されとる。
誰が偽物か、本物かというのがわからず、アニメでの脇役を大量に出演させ、周りが徐々に偽物とすり替わっているというのを描いたホラーのディティールはさすがの一言。
終盤、気が抜けてしまいそうなギャグも悪くはなかったが、ギャグから相手への対策を見つけあれやこれやと暴れまわる部分が個人的には物足りなかったという印象。
ホラー演出に量を割いていた分、ヒロインやヴィランがおろそかになっていた気がしないでもないが、個人的には割と好きな一作。
余談だが、温泉ほどではないにしろ銃器関係の描写に力を入れているのと、普段では絶対に出てこないサブキャラクターを出しているのが好印象。

591: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:17:36 ID:7Dk
【クレしんヴィランズ】アミーガスズキ
https://i.imgur.com/MDHHb69.jpg

本作のホラー演出の要であるコンニャクローンを開発した人物で、サンバ仮面をかぶった女性。素顔はジャッキーそっくりというメタナイトのような設定だが、
実はその身はコンニャクローンに包んでおり……
ほぼ終盤しかまともな出番がなく、しかも大半のシーンはサンバを踊り狂ってるだけなので、印象が薄い。
サンバを踊ってこんにゃくを出動させてるだけの割には、言動や振る舞いはどうしてなかなか風格がある。

592: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:23:14 ID:7Dk
【クレしんプリンセス】ジャッキー
https://i.imgur.com/p6212en.jpg

特殊部隊、SRI(サンバの・リズム・イイネェ~)の隊員。サンバ事件専門の特殊部隊らしい。温泉Gメンより限定的なくせして、活動範囲は世界中で、装備もかなり本格的。
正直、クレしんの他の映画と比べて極端に印象が薄い。ワイがしっかり見てないというのもあるが、全体的にクールなキャラクター性ながら、ホラー描写特有の間の伸び方と
他のキャラクターに焦点を当てたこと、さらには本人がかなり有能で無言で戦うだけで事態がある程度解決するのが原因だと思う。
終盤でのアミーガスズキとの戦いではぐっと持ち直し、セリフも増え、ある程度個性も出たし、サンバも踊る。サンバ好きなだけあって、引き締まったいい体をしている。

593: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:29:54 ID:7Dk
クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者
公開年:2007年
監督:本郷みつる




あらすじ
ある日、しんのすけはデパートでアクション仮面の新作のおもちゃ「アクションソード」を買ってもらう。ところが家に帰って箱を開けてみると、アクションソードはものさしに変わっていた。
それから数日後、幼稚園からの帰りにシロにそっくりな黒い犬・クロを拾い、クロをペットとして飼うことにした。
その夜、目を覚ましたしんのすけは突然家を訪ねてきたプリリンというセクシーな女性に出会い、彼女に頼まれてとあることをしてやるが、それがきっかけで世の中に次々と異変が起きていく。
そんなとき、マタ・タミという者が現れ、「金の矛に選ばれた勇者、しんのすけを助けるためにやってきた」と告げるのだった。

【感想】
ヘンダーより約11年越しの本郷監督の作品。
強くてかっこいい女性がプリンセスとして現れ、しんのすけが異世界を冒険&問題を解決するという構図は変わっておらず、ヘンダーランドと似通った部分は多い。相手の魔法が自分の名前を告げて発動するものから、
「ヘンジル」という魔法空間での戦いに変わったのが大きな相違点。
童話的かつ悪夢的な色鮮やかな世界観は衰えを見せず、むしろ絵本のようなタッチで描写された、現実に侵入した異世界の描写は凄みを増しているとさえ言えるくらい良かった。
ヴィラン三名のキャラクターも立っており、戦闘自体は「ヘンジル」をアクセントに展開されるのが面白かった。
やが、途中挟まれたあまりにもチープすぎるCGと、ドンクラーイ侵食による日常の変化があまりにも重々しく、言い換えれば展開的にダレてしまったのが悩みどころ。
特に本作のプリンセス、マタ・タミはかなり真面目な性格故に、昔ほどふざけすぎなくなり歳相応のリアクションをかえすようになったしんのすけと組み合わせると、若干反りがあわない感じがある。
キレイなお姉さんに騙されてやすやすとドンクラーイを侵食させてしまったしんのすけに対してのマタタミの怒りを表現するところがそんな感じか。
伏線めいたものも多いが、ヘンダーランドのそれと比べると若干雑でもある。
しかし、本郷監督の世界観の良さは健在なので、総じて見ると意外と悪くないと思う。特に本郷作品のファンなら結構楽しめるかもしれん。

594: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:30:39 ID:7Dk
しまったケツだけ爆弾抜かしてもうた……

596: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:38:56 ID:7Dk
【クレしんヴィランズ】アセ・ダク・ダーク
https://i.imgur.com/eh29QdX.jpg

オカマであり、ワルツ衣装に身を包み、ダンスやババ抜きで勝負を仕掛けるコメディチックながら恐ろしいオカマ魔女と比べると
かなり本格的な魔王という感じのヴィラン。実際やってることは冒頭からプリンセスの父親を殺害するという非道っぷりで、この点でも、敵となる相手を自分の仲間として吸収したオカマ魔女と異なっている。
魔法(ヘンジル)力はかなり強い。このヘンジルに関しては、野原一家の戦闘後にヘンダーファンなら喜びそうなとあるネタを仕込んでいる。
しんのすけと戦うにあたってもすきを突いて完全に孤立させた上、思い切り怖がらせながら追い詰めるというかなり獰悪だったが、最終的には金矛と銀盾を身に着け強化されたしんのすけの手によって敗れる。
いいキャラしてるが、オカマ魔女とは気が合わなそう。

597: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:46:01 ID:7Dk
【クレしんプリンセス】マタ・タミ
https://i.imgur.com/r2vXuqh.jpg

しんのすけを助け現実の世界を守ろうとする本作のプリンセス。男らしい外観ながら実は女性、という吹雪丸のような設定を持っている。(もっとも、マタの場合は別に隠しているわけではなく、「僕」という一人称も方言のようなもの)
触ったら音がなるくらいには乳がある。
父親を亡くしているがゆえの真面目な性格で、正直死ぬほどお気楽なしんちゃんとは反りが合わなそうだが、全然性格が違う勇者と話しているときは意外と楽しそう。
ヘンジルという能力から、戦闘の形態としては「意思を持ったSPオタスケ機能付きジャージ」か「スーパー三輪車のガイド、シロ」と似たような役割を持ち、特にマック戦ではその色がかなり強かった。
身体能力が高く外見が童話チックで、一人でミュージカルを始めたりやりたい放題だが、実際この世界観に彼女は驚くほどマッチしており、本作を見るにあたってマタの存在はかなり注目すべき部分。もうひとりの主人公と言っても差し支えないくらいの活躍を見せる。
ぶっちゃけ本作ではしんのすけが一人で戦うことはほぼない。
もし本作を子供の頃に見ているニキがおるなら、女発覚のシーンと最後のシーンはかなりドキドキしたとちゃうんやろか。

598: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:47:12 ID:Xk9
このスレまだ2006年の話なのか…(困惑)

599: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:47:56 ID:7Dk
>>598
公開年はかなり間違えているにせよ、作品が多すぎて正直かなり時間かかっとるで
ちょっと予想してなかったわ……

601: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)12:55:54 ID:7Dk
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!
公開年:2007年
監督:ムトウユージ




あらすじ
野原一家は、ひろしの勤続15年のごほうびで沖縄旅行を楽しんでいた。
そこでしんのすけは、シロと浜辺で遊んでいる最中に不思議な形の円盤を発見する。それを投げて遊ぼうとしたしんのすけだったが、円盤は突如動き出し、シロのお尻にはまってしまった。
円盤の正体は、宇宙人・ケツだけ星人の特殊爆弾だった。それを察知した宇宙監視センター、UNTI(Unidentified Nature Team Inspection)は爆弾を回収するために動き出すが、同じく爆弾を察知して奪おうとする宝塚風テロ集団「ひなげし歌劇団」が現れる。
そんな中、家に帰って来た野原一家の面々は、待っていたUNTIの長官・時雨院時常からシロのお尻についた物体が地球を丸ごと破壊してしまうほどの強力な爆弾である事を聞かされる。
爆弾をシロから分離する事は不可能と知ったUNTIは、シロもろとも爆弾をロケットに乗せ宇宙に打ち上げて処理する……つまり、地球を救う為にシロを犠牲にする計画を話す。
戸惑うひろしとみさえだったが、しんのすけだけはこの要請を断固拒否、シロを連れて家を飛び出すのだった。


【感想】
ムトウ作品の中で言えば一番おもしろいと思われるだろう作品。シロとしんのすけの友情を題材にしている、ヴィランが一人ではなく複数組織であるなど他の作品と異なった特別な点も多く、
他の映画ではやらなかったことをやろうとするムトウ監督の意欲がうかがえる一作。
シロに付着した爆弾から地球を守るためにロケットで打ち上げようとするが、それを拒否するしんのすけ。シロを守るために必死で逃げ回るその姿は実際感動する。
正直この監督は感動演出があまり得意ではないのでややしつこかったのは否めないがそれでもシロとしんのすけの長い友情を考えると、こみ上げてくるものがある。
序盤から終盤までコメディを担当すると思われていたひなげし歌劇団も、異常に不気味すぎる上に出自も能力も不明で、本当に人間なのかも疑わしい金波、銀波のせいで異常に不気味な集団に仕上がっている。
総合的には、決して悪くはない作品といえよう。

602: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)13:06:04 ID:7Dk
【クレしんヴィランズ】時雨院時常
https://i.imgur.com/fR7p0VA.jpg

キャップ時雨院などと呼ばれるいけ好かないUNTIの長官。一見して地球を護るために、冷静な知性と見事な采配でピンチを切り抜ける有能に見えるが、
自分の計画は何が何でも時間通りに遂行しないと気が済まないという性分、しかもその程度はかなり極端で、明らかに角が立たず皆幸せで済むはずの状況にまで持ち込めたにも関わらず、
どっかの一家のペットばかりかその子供とよくわからんババアをまるごと宇宙にぶち飛ばす、クレしん映画史稀に見る頭の悪さと倫理観のなさを顕にした正真正銘の悪人。
最後はかなり情けない敗北で終わる。自業自得じゃ。

603: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)13:10:03 ID:7Dk
【クレしんヴィランズ】お駒夫人
https://i.imgur.com/Nyt1sYF.jpg

本作のヴィランその2。知り合いにもいてほしくないかなり不気味な金波、銀波を従えた、女性だけのテロ集団、ひなげし歌劇団のボスだが、爆弾を手に入れて何がしたかったのかはよくわからない。
一応全世界まるごと爆弾で心中しようとしていたか、爆弾を交渉材料に様々な悪行を働こうと考えていたのか、ある程度絞ることはできるが、単に黒くて綺麗で強いからほしい、という理由も考えられる。
かなりの厚化粧でほとんど皮もう一枚みたいになっている。
しんのすけと共にロケットで打ち上げられるが、彼女の機転とマントがなければ助からなかったことを考えるとまあまあ恩人と言える。彼女がいなければ、ここまでややこしいことにはならなかったのだが
最終的には厚化粧がバレるという結末を迎えるが、それはそれでなんとかやっていけるのかもしれない。

604: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)13:10:47 ID:7Dk
クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国
公開年:2009年
監督:しぎのあきら




あらすじ
しんのすけが住むカスカベ市ふたば町では、新しい町長に就任した四膳守を中心にエコロジー活動が盛んになっていた。
ふたば幼稚園の課外授業で地域の清掃活動に参加していたしんのすけは、河原で謎のアタッシュケースを発見。その中に入っていた不思議な緑色のドリンクを拾い持って帰る。
ところがその夜、後で飲もうと冷蔵庫に冷やしておいたそれをひろしが飲み、さらにみさえまでも飲んでしまう。
すると翌日、二人は徐々に動物のような仕草をとり出すようになり、遂にある日ひろしは鶏、みさえは豹に変身してしまった。
驚く一家の下に突然ブンベツと名乗る男が率いる謎の集団が現れ、その場にいたかすかべ防衛隊とひろし達を捕える。かすかべ防衛隊の面々は何とか逃げ出すが、ひろしとみさえは謎の集団に連れ去られてしまう……。

【感想】
ムトウ、本郷監督に変わってしぎのあきら監督になっての第一作目。見知った人間が皆動物になるという面白そうな題材を、うまいこと環境保護団体への風刺と絡め
全体的にシンプルで口当たりよいギャグにまとめた作品といえる。
オトナ帝国のひろしの回想を意識したかのような感動シーンは含まれているが、その演出は驚くほどチープ&あっさりであり、むしろ制作側もとりあえず入れてみただけで、あまり強調するつもりはなく、
どちらかといえば動物になったかすかべ防衛隊の暴走シーンや、四膳との愉快な掛け合いに方に力が入っている。鶏になったひろしのトボけた挙動は結構笑える。
余談やが、本作は原作者、臼井儀人が見た最後のクレしん映画であり、郷里大輔(双葉商事部長)と高田由美(吉永先生)の最後の出演作となっとる。
ご冥福をお祈りします。

607: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)13:13:10 ID:7Dk
【クレしんヴィランズ】四膳守
https://i.imgur.com/tGftmvj.jpg

本作のヴィラン。過激なエコ活動家で、SKBE(Save Keeping Beautiful Earth)というエコテロ組織のボス。葉っぱ一枚のアダムのような姿で、ターザンよろしく長いブランコに乗ってる妙な見た目だが、
登場人物の中ではかなり良心的。それもそのはず、本作のプリンセスはかなりあくどく(後述)プリンセスとしてはどうかと思う性格をしているので、相対的にいい人に見える。
彼が悪堕ちした理由も、ゆいいつの理解者に裏切られた悲しみが、理性のタガを外したというもので比較的理解しやすく、過激な環境保護という点をのぞけば、意外とおおらかだったりする。
だが豹になったしんのすけをけしかけてるアタリはかなり悪いやつ。
最後には愛に目覚める。

608: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)13:14:07 ID:7Dk
【クレしんプリンセス】ビクトリア
https://i.imgur.com/Vgh7wck.jpg

本作のプリンセス。強い。可愛いかどうかと言われると、割と可愛いと思う。
子供には優しい方で、登場したときは、通りすがりの鶏に人生についての助言を授けるようなキャラクターだったが、実際はかなりモラルに欠けたブランド志向、無駄遣いの鬼とも言える性格で
人の家で風呂を借りた挙げ句シャンプーを一本丸々使い果たしめちゃくちゃに汚すという、家には絶対にあげたくない輩。どうしてこんな浪費家の頂点みたいな奴が環境保護活動家と付き合えたんや???
特に何かの組織に属しているという描写はないが、手榴弾だったりバズーカだったり、色々な重火器を所有している。

609: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)13:15:42 ID:7Dk
後9作ってところやが、今日はこのへんにしとくわ
なんかここらへんからキャラの設定が大味だったり
妙にイかれたキャラクターが多くて説明文がかなり過激になってきとるけど
不快にさせたらすまん

617: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)23:27:40 ID:wFk
この辺からあんま好きじゃなくなったなぁ
腹抱えて笑ったりすることはなくなったわ
昔の奴は未だに笑えるし感性が変わったとかではないはずやけど

619: 名無しさん@おーぷん 19/10/05(土)23:49:53 ID:e5F
野生王国はみさえが正気に戻るシーンが泣けるところなんやろうけど何か違うなって感じた

625: 名無しさん@おーぷん 19/10/08(火)22:09:09 ID:d5c
コナンは迷宮の十字路までで最近は面白いのも増えてきた
クレヨンしんちゃんはカスカベボーイズまでで最近は面白いのチラホラ…
なんか似てる?

635: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:00:59 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁
公開年:2010年
監督:しぎのあきら




あらすじ
ある日、公園で遊んでいたかすかべ防衛隊の前に、タミコと名乗る女性が現れる。彼女は未来からやって来たしんのすけの花嫁だと名乗り、未来都市・ネオトキオの支配者・金有増蔵に捕らえられた未来しんのすけを救うために協力してほしいと語る。
しんのすけは半信半疑ながらも、かすかべ防衛隊の面々と共にタミコに連れられて未来の春日部にタイムトリップする。
未来へやってきたかすかべ防衛隊の面々が目にしたのは、華やかな大都市ネオトキオと、ネオトキオとは対照的に荒廃した春日部の町だった。
未来の世界では地球に隕石が衝突し、その影響で日傘効果が起き、一日中夜のような状態になってしまっていたのだった。
しんのすけを捕まえているネオトキオの支配者・金有増蔵は電力を供給する会社の社長で、街の電力をすべて取り仕切っているのだという。
未来の自分やみさえ、ひろしと出会いながら、未来のしんのすけを助けるため金有の下へ向かうかすかべ防衛隊とタミコ。
花嫁(希望)軍団から逃走しつつ未来のしんのすけの下へ向かおうとするしんのすけ達だったが、その最中にタミコが金有電機のロボットに捕まってしまった。
しんのすけは自分の未来の花嫁を救うため、未来の家族やかすかべ防衛隊の力を借りて金有の下へ乗り込んでいく。

【感想】
原作者、臼井儀人の没後第一作として、映画中に「クレヨンしんちゃん」という作品への愛と感謝とがちりばめられた特別な作品。
とは言っても、そのような重々しい雰囲気はほぼなく、ギャグとシリアスを6:4の比率で混ぜたバランスの良い作品で、子供から見ても大人から見ても楽しめる佳作。
感動シーンなども含まれているが、基本的に描写がしつこくなく、感動シーンでもギャグやクレしん特有のノリを挟むことを忘れていないので99分間、安心して見られる出来栄えである。
二十年経っても全く変わらない野原一家に、相応の変化を迎えながらもそれぞれに成長したかすかべ防衛隊、恐ろしくかわいいひまわりなど、単純にキャラクター目当てで見ても楽しめるが、
やっぱり映画の根底に秘められた「未来へと進むクレヨンしんちゃん」という主題を追っていくと、その長い歴史に対するアニメ側からの感謝に胸がいっぱいになること間違いなし。
余談だが、本作はラストでパラレルワールドであることが明確に示されており、アニメはアニメで別の未来を歩んでいくという形式にしたのが丁寧で非常に良いと思う。

636: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:03:57 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】金有増蔵
https://i.imgur.com/ihNHn6A.jpg

クレヨンしんちゃん特有のふざけきった名前にぴったりな性格で、隕石による電力特需をバネに中小企業を叩き上げたっぽい雰囲気を醸し出しているが、
おぞましいほどの守銭奴であり、他者に一切愛情がなく、一瞬でも逆らえば自分のために献身的に助力した部下ですら首にし、娘ごと気に入らない男を殺しかける極悪非道。
その性質はジャスティス・ラブのような純粋悪や、パラダイス・キングのような暴力性に近いが、ジャスティスのように本人が圧倒的な支配力を有するわけではなく、
パラキンのようにカリスマ性に満ちているわけでもないので、かなりアンチが多い。時折見せるコミカルな動きや肥満体型からは、ブリブリ王国のアナコンダに似ているのかも知れない。
散々悪行を働いたが結局本人の目的は気に入らない相手を潰し少しでも多く儲けたいというだけだったので、やってることはひどくてもかなりの小物という、人気が出そうもないキャラクター設定。
その最後も悲惨で、前々から狙っていたらしい国際警察に逮捕されてしまい、「ぎゃふん」と言ってしまう。

638: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:08:00 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】金有タミ子
https://i.imgur.com/NsdnRJM.jpg

ボサボサにとんがった頭と、ネオトキオ特有の極彩色のモモンガみたいなファッションがヒッピースタイルに見えなくもない、やや奇抜な格好のしんのすけの嫁。
格好こそ妙ちきりんだがスタイルが良く、顔もかわいい。声も釘宮で欠点がない。
性格に関しても、子供に対して真面目に話す感じや、五歳児に言い負かされる口舌の弱さ含めて非常に優しく、面倒見が良い。
一方でチョコビでしんのすけを釣るような(本人は別に釣ったつもりはないだろうが)ところは
将来肝っ玉母さんになりそうな予感がする。
恋人の命を人質に、実の父親から最も経済効果が高いと思われる相手と無理やり結婚させられるという書くもおぞましい行為をされるが
五歳のしんのすけの機転と未来のかすかべ防衛隊の面々や野原一家の活躍により晴れてしんのすけと結ばれることになった。本当に良かった。

637: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:07:02 ID:4nL
この映画の大人風間くん、しんのすけと何かあったんかってくらい冷たかったよな

639: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:08:53 ID:Wu5
>>637
風間くんと言えばかすかべ防衛隊の中でもひときわしんのすけと仲が良かったんやしもう少し描写はほしかったなあ
というより、かすかべ防衛隊の未来の姿はよく書かれていても
未来のしんのすけとかすかべ防衛隊との関係については物足りなかったわ

640: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:11:05 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦
公開年:2011年
監督:増井壮一




あらすじ
いつもの生活を送っていたしんのすけの前に、ある日レモンと名乗る謎の少女が現れた。彼女からアクション仮面のメッセージを受け取ったしんのすけは、レモンの勧めの下スパイになることを決心する。
レモンとスパイ訓練を開始したしんのすけは失敗を繰り返しながらも徐々にスパイの技術を身につけ、実は子供スパイだったレモンと共にコンビを組む。
そんなある日、しんのすけ達にアクション仮面から「ヘーデルナ王国で悪の博士から正義のカプセルを奪還せよ」との指令が下った。しんのすけはレモンと家政婦イツハラの助けを借りてヘーデルナ王国へ向かい、「悪の博士」の研究所に潜入する。
しかし、そこにいたのは悪の博士ではなくオナラ研究の第一人者であるヘガデル博士という科学者だった。
しんのすけから話を聞いた博士は彼がアクション仮面にだまされていると言い、自分が持っているのは「正義のカプセル」ではなくオナラを大量に出させてしまう「メガヘガデルII」という特殊な芋であること、しんのすけに指令を出したのはスカシペスタン共和国の女王達で、
彼女達はメガヘガデルIIを奪うためにしんのすけを利用したのだと説得する。
しんのすけはヘガデル博士の言葉を信じず、「正義のカプセル」を奪って研究所から脱出したが…

641: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:13:53 ID:Wu5
【感想】
アニメや映画の絵コンテを担当しておりしぎのの後続として選ばれた増井壮一だが、正直ムトウ作品以上に何かと評価が分かれやすい二作を制作している。
それでも本作、スパイ大作戦は終始子供目線の楽しさと連続するしんのすけのギャグという点を維持している分、ポッキリのように子供人気は高い。
大人からしても、肩の力を抜いて見れる作品である。
一方でヒロインがしんのすけと2歳違いながら様々な任務をこなす優秀なスパイであるという特性上、本来作中でもずば抜けた運動神経とハチャメチャさを持っていたしんのすけが、
度々7歳のレモンと比較して終盤近くまで足を引っ張るという若干うざったいキャラクターになってしまったのは、制作陣もあまり想定していなかったのではないだろうか。
それもそのはず、しんのすけというのは防衛隊のような特別なメンバーを除けば相手が誰であろうと問答無用で振り回すスーパー五歳児なので、極めて高い身体能力と
七歳らしからぬ冷静さを有するレモンとは、キャラクターの相性があまりよくない。
特にこのあたりのしんのすけは過去と比べてテンションが高い分空回りしていることもあり、終盤でレモンの枷となっていたスパイを倒すという活躍を見せ、レモンとともにメガヘガデルⅡを処理するという勇敢さを見せるまでは
主人公が疑わしくなる駄目っぷりだったと思う。
ここらへんはファンの間でも意見の分かれるところで、そもそも五歳児であるしんのすけが、スパイとしての特殊な訓練を受けるレモンに劣ることは問題ないし、昔のしんのすけが大人っぽすぎたという意見もある。
ワイはもう少し序盤から見せ場があっても良かったと思う。防衛隊のキャラも、どこかうざみがあって笑いと苛立ち半分を感じる。
まとめると、ストーリーとしては悪くはないのだが、キャラクターの使い方があまりうまくないため違和感を感じる。

642: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:18:55 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】ナーラオ&ヨースル
https://i.imgur.com/UIWPAgt.jpg

某姉妹の如き爆乳と似通った容姿から姉妹と思われがちだが、恐らく親友で血縁関係はないと思われる。
おならで人生を台無しにされながらも、最終的には国家元帥&国家総統にまで登りつめる大出世を果たした叩き上げの王だが
他国から生物兵器を強奪し世界中へ戦争を仕掛けようとするかなりやばい計画を企て、五歳児と七歳児を利用するという悪逆非道な女。
最終的には改心するものもどっか吹っ飛んでいったのでどうなったのかはよくわからない。

645: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:28:12 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】スノモノ・レモン
https://i.imgur.com/YqmlqQv.jpg

茶髪で緑目というおしゃれな外観の子供スパイ。7歳。
スカシペスタン共和国の国家スパイであり、しんのすけにアクション仮面の命令と称して生物兵器、メガヘガデルⅡを強奪した張本人であり、ある意味ヴィラン側の少女。
その実態は、同じスパイである両親の支配を受けた可哀想な少女であり、しんのすけの活躍によってその支配を脱して、ナーラオ&ヨースルのテロ計画へ謀反を企てる。
本名は不詳だが、◯◯◯◯◯◯という説が高い。
なんと言っているか気になるニキは、該当シーンで音量を上げてみよう。ちょっとだけだが聞こえるぞ。

646: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:31:16 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
公開年:2012年
監督:増井壮一




あらすじ
ある日のこと、しんのすけは昼食のデザートにとプリンを食べようとしていたが、ひまわりはしんのすけの目を盗んで残りのプリンを食べてしまう。
しんのすけはその仕返しにと、ひまわりのおやつのたまごボーロを一つも残らず食べてしまうが、みさえに叱られたうえにひろしからも咎められてしまい、
怒ったしんのすけは思わず「お兄ちゃんなんてやめてやる! オラ、妹なんかいらない! ひまわりなんかいらないゾ!」と吐き捨て、家を飛び出してしまった。
するとしんのすけの目の前に突然、謎の2人組がやってくる。妹を預かると話す彼らは、ひまわりを渡すことに同意する契約書をしんのすけに渡し、しんのすけがそこにサインをすると、野原一家は上空にいたUFOに連れ去られてしまう。
しんのすけたちは、地球の兄弟星"ヒマワリ星"に到着し、そこで宇宙の平和のために、ひまわりがこの星の姫にならなければいけないと知らされる。
果たしてひまわりはヒマワリ星の姫として星に残るのか、それとも野原一家の下で暮らすのか。野原一家の行く末はいかに…。

647: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:34:35 ID:Wu5
【感想】
キャラクター故に感想が分かれる前作だったが、本作は大元のプロットがつまらなく、ゲストキャラクター全員が魅力に欠けており、テーマの扱いが雑、
そのうえ平坦で見せ場にかけるという、荒削りながら光るものはあったムトウ作品と比べてもかなりひどい出来。二十周年の名が泣いている。
イメージから三分ポッキリが悪く語られがちだが、ワイ個人としてはワーストはぶっちぎりで本作である。

批評意見はそこら中に落ちてるので、かなり大雑把に話すと

・どう見ても悪役としか思えない宇宙人達に中途半端な「大義」を与えて免罪符にしている(実際はなってない)

・ひまわりを取り戻したいというしんのすけの望みと宇宙を平穏に保つという宇宙人の望みとが対立したにも関わらず、前述の悪役ではないというキャラクター設定故に
直接的な対決ではなく対話に収まり、そのうえ改心などを挟むこともなく都合よく問題が解決したからひまわりがいらなくなったというだけ。あまりにもおそまつである。

・二十周年というだけあってひまわりのとあるシーン(これは素直に感動できる)やクレしんプリンセス総出演という部分部分の豪華さはあるが、正直撮ってつけただけ感は否めない。
特に後者。ひまわりはまだ話の中心にいるだけ必然性はあるが、ヒロインはほとんど突然幻影じみた姿でぼんやり出てくる。これならシリリのほうがファンサービスとしては良かったろう。

・加えてひまわりを奪われた野原一家の描写が異様に悲惨な割にカタルシスがなく、話の筋が平坦で盛り上がりに欠ける。その癖上映時間が長い。地獄か?

総評としては、クレしん一の失敗作。またスパイやポッキリと違って、子供から見れば面白いとはお世辞にも言えない作品である。
本当におすすめできないが、怖いもの見たさで見るのはありかもしれない。
あくまで個人の意見なので、全く別意見で「面白かった」というのがあるかもしれないので、参考にはしすぎないでほしい。というより、面白いという人の意見も聞いてみたい気持ちがある。
強いて良いところをあげるとすれば、先程言ったひまわりのとあるシーンと、悪役との対決における世界観、そしてひまわりとの接触。
惑星の模型がめぐる部屋で、どちらかが落ちてしまわないようシーソーの中心へと二人して近づくというものだが、児童文学者である脚本家らしい世界観が、普段と違った雰囲気を醸し出していて良いと思った。

649: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:36:31 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】ヒマワリ星人
https://i.imgur.com/peOui3y.jpg

次元違いの地球の兄弟惑星、ヒマワリ星に住む住人。地球よりも進んだ文明と技術とを持ち、ヒママターと呼ばれる精神の安定を保ち人々を"和ませる"エネルギーが欠乏して、
人々の心が荒んでしまうのを食い止めようとしている。
ここまで聞くと善人だが、ある伝説に従いひまわりを拉致。地球より進んだ惑星のくせして、五歳児と契約書を取り交わし「同意の上」と称した誘拐を働いた上、
しんのすけが取り返しに来たところをよくわからない理論で突っ返す歪んだ性格の持ち主。この惑星の法律は幼稚園児に法的責任があるのか?
そもそも同意関係なくこいつらはひまわりが必要だったので、しんのすけの同意書など特に意味はない。強いて言うなら、「取り返しに来た時追い返す弁解に使う」ぐらいしか意味がない。
まさか、本当にそれが目的だったのか?正直、悪役として描かれ悪役相応の結末を迎えた他のヴィランズと比べてもかなり邪悪で厄介。
最終的にはひまわりがいらなくなった(ヒママターが大量生産されたため)ので用済みとばかりに野原一家と分かれる。(ここでは最低限の礼節はこなしているが、今までの所業を考えると却っていやらしい)

650: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:36:44 ID:Ffi
続きやっとったんか

651: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:38:20 ID:Wu5
>>650
だいぶ遅くなってすまんな
この年代は評価の難しい作品が多かったわ

658: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:43:01 ID:Aw5
プリンセスは記念すべき20周年でやったのが悲しいよな

659: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:43:36 ID:Wu5
>>658
全くや
ポッキリと違ってダイジェストじゃないのにあれだけつまらなく
改善の余地が見当たらないというのがイタイ

661: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:44:56 ID:CY5
>>647
>>659

イッチがここまで言うって相当やな
ワイも一応見たはずなんやけど記憶にないわ

663: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:45:59 ID:Wu5
>>661
結構ショッキングやったけど一番の問題点は「つまらない」という部分にあるさかい
記憶に残らんやつが相当数いるのではないかと思った
ワイが全く覚えてなくても不思議じゃなかったと思う

681: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:58:22 ID:caW
ワイムトウユージの3部作好きやけどな
その後のスパイまでの作品の方がよほどあれやと思うが

688: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:00:27 ID:Wu5
>>681 
ムトウ三部作は結局なんだかんだいって"悪くない"って評価に落ち着くわ 
スパイとかプリンセスとか、強い欠点とアクを持つ作品と比べるとだいぶマシってのは分かる 
個人的に金ポコは好きやけどね

705: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:04:29 ID:caW
>>688
ムトウユージはこれから評価されると思うけどなワイは
ここら辺の世代が匿名掲示板のボリューム層になるのもそんな遠くないやろしね

707: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:05:10 ID:Wu5
>>705
ポッキリを下回る出来の作品がいくつかあるせいですでにムトウ作品は最低ラインではなくなったしな
担当作がはっきりしてる分言及されやすいだけで

712: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:06:23 ID:caW
>>707
どれが一番ひどいかと言われたら間違いなく宇宙のプリンセスやと断言できるわワイは
この辺になると見たことない連中ばかりになるからあんま槍玉に上がらんけど

721: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:07:41 ID:QxQ
>>712
そうなんか…
ぶっちゃけワイは初期の温泉とかより全然好きなんやけどな

726: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:09:21 ID:caW
>>721
イッチも指摘しとるけどまずプロットの時点で失敗しとる作品やと思うわ
もちろん好きなのはおかしいとかいうつもりはないけど

828: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:33:16 ID:caW
ムトウのええところは変なひねりがないとこやと思うねんけどな
お色気もシンプルにおいろけやし、敵もシンプルに悪いし

833: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:35:06 ID:Wu5
>>828
ワイは逆にひねったところがないシンプルな部分とナチュラルにひねくれた部分の違いが際立ってるのが
低評価の一員だと思う
ケツだけのヴィランの描写とか見るに、キャラクターを作る時
ナチュラルにサイコにしてしまいがちな癖があるようにも見える
後中盤の繋ぎや長編での展開の盛り上げがうまくないという印象も強い
だから短いアニメだと面白いが長い映画だとダれる

839: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:36:18 ID:caW
>>833
たしかにムトウは短編やと有能になるよな
とくにホラー

861: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:41:02 ID:Wu5
>>839
結局あの人はホラー演出が絶妙にうまいから
終盤まで維持できてればなあ……

832: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:34:20 ID:6cs
なんとなくムトウユージって人がクレジットに出始めて
アニメも映画も詰まらんくなった印象やったんやが
ワイがその過程で大人になってただけなんかな

653: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:39:41 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
公開年:2013年
監督:橋本昌和




あらすじ
春日部で行われているB級グルメカーニバルに連れて行ってもらえなかったしんのすけは、かすかべ防衛隊のメンバーとともに親に内緒で行こうと画策する。
その道中、謎の女性・「しょうがの紅子」からとあるソースをカーニバルに届けることを頼まれ、すんなりと引き受けることに。
だがそのソースは、B級グルメ撲滅を目論むA級グルメ機構の魔の手からB級グルメを救える唯一の存在・伝説のソースだった。そんな中、しんのすけ達はふとした手違いから見知らぬ土地へと迷い込んでしまう。
果たして、伝説のソースを巡るA級グルメ機構との戦いに巻き込まれたしんのすけ達は、伝説のソースを無事カーニバルに届け、ソースの健の作る焼きそばを食べることができるのか?

【感想】
増井監督の後をついだ橋本昌和だが、ぶっちゃけ言うと有能。
アニメシリーズに参加しており安定感の強いうえのきみことのタッグで、本作では浦沢義雄も加えた三人体制で本作は作られている。
前作までの無意味に舞台が大きい割にやっていることはミクロという欠点を克服しようと言わんばかりに、物語殆どが春日部で解決する(同じく春日部市内のみで終わるオタケベと比べても、その規模は圧倒的に小さい)
プリンセスやヒーローをしっかり描写しつつも早々に退散させ、かすかべ防衛隊とヴィランズとのどたばた戦闘に力を入れるなど色々と徹底している一方、本作のヴィランであるグルメッポーイの描写が不足することはなく、
むしろ最小限の描写で最大限の効果を出している。これは個人的なことだが、カスカベボーイズ以降で初めてうるっときた作品。
子供から見ても面白く、大人の鑑賞にも堪える、これぞクレしんと言える佳作。万人におすすめできるが、できれば今のクレしんに慣れ親しんだ若い世代と、最近のクレしんはつまらないという印象を強く抱いた
初期クレしんファンに勧めたい。
ちょうど興行収入的にも前作から持ち直したと言える出来で、評価も悪くない。

657: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:42:41 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】しょうがの紅子
https://i.imgur.com/nqlcsM9.png

本作のプリンセスであり、ヒーローの「ソースの健」の恋人という立ち位置ながら、登場シーンはほとんどなく、
ソースを託してすぐに捕まり、終盤のB級 VS A級戦争の旗持ちに狩り出されるまでちょいちょいしか出ていない。
その割に印象が濃いのは「作画が違う」「無駄にエ○い」「棒読み」という最近のクレしんプリンセス特有の特徴をコンプリートしたフルアーマーが尖っているからであり、
彼女の雰囲気が作り出す特有の間が無駄に面白いせいでやたらと脳裏に残っている。
正直、これだけ少ない登場シーンで隠れたインパクトを持つのは彼女くらいなものだろう。ワイは終始笑っていた。
正直今も笑っている。暗闇で立っているこの姿がこんなに面白いのはなぜだろうか。

664: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:46:09 ID:QxQ
ワイの感性やと最近のは
新婚旅行>>>ユメミー>カンフー>ロボとーちゃん>引っ越し>B級グルメ>>>>シリリ

666: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:46:39 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】グルメッポーイ

https://i.imgur.com/KXWDADA.jpg
「やっぱり……うまいじゃないかぁ……」

本作のヴィランにして、B級を潰すA級グルメ組織のボスなるギャグとしか思えないキャラ設定の割に、結構重い過去を持っている。
両親に抑圧されているという点ではレモンと似ているが、彼の場合対立・反抗するきっかけのないまま(ある意味では「しんのすけ」に出会えないまま)大人になり
自信の根底にある「B級だろうときっとおいしい。食べてみたい」という望みが叶えられないまま、≒大人になれないまま成長してしまった悲しいヴィラン。
そのコンプレックスから逃避するかのようにグルメテロを実行していくが、最終的にはかすかべ防衛隊による焼きそばの力で改心。
前作とあえて比較してみると、対立ではなく対話で改心したボスの好例といえる。作中ではかなりの実力者であることが伺え、事実、肉弾戦での負けはない。
上述のセリフはワイが個人的に大好きなセリフ。ここ数年で一番すき。

670: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:50:58 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん ガチ○コ!逆襲のロボとーちゃん
公開年:2014年
監督:高橋渉




あらすじ
ギックリ腰で腰を痛めたひろしは突如現れた謎の美女に連れられ、マッサージも兼ねてエステの「無料体験」を受けることに。
エステを終えて家に着いたひろしだったが、そこで自分の体がロボットになっていることに気づき驚く。ロボットになった自分を前に警戒心むき出しのみさえに対し大喜びのしんのすけ。
そんな中ひろしは、自分の体がロボットになった原因があのエステサロンであったことに気づく。それは、邪険に扱われる日本の弱い父親達の復権を企てる『父ゆれ同盟』の恐るべき陰謀だった。
「家族は、オレが守る!!」
崩壊寸前のカスカベを前にロボットになったひろし=ロボとーちゃんが、しんのすけと共に立ち上がる。

673: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:53:26 ID:Wu5
【感想】
今までさんざ「評価が分かれる」という言葉を使ってきてはっきりとした評価を避けてきた優柔不断なワイだが
この作品に関してはガチもガチ、他のどの作品の感想を信じなくてもいいから、これだけは信じてほしい……それぐらい圧倒的に"賛否両論"

評判のいい本作だが、突き抜けて優れたヴィランのキャラクター性があるわけでも、原監督のようなアクション、ドタバタの面白さがあるわけでもないし、メインテーマの一つであるロボットものとしての単純明快な面白みも少ない
敷いて言えばパロディだらけのギャグが大人にとって面白いというもので、本来なら「家族で笑って楽しめる、力が抜けた良作」ポジションのプロットだった。

では本作の何が傑作であるかいなかをわけているのか?

表題にある通り"ロボとーちゃん"である。

本作のロボとーちゃんは現在に至っても盛んに議論が交わされるほど深みのあるキャラクター。というより、どんな描写をしていてもその設定上深みが出来てしまう。
それもそのはず、このロボとーちゃんは◯◯◯◯なのだ。◯◯◯を◯◯ーされたのだ。察しのいい人なら映画を見る前からわかっていたかもしれない。
そのあまりに衝撃的な設定と、どうあがいても回避しようのないラストに、多くの人間は涙を流したり、憤慨したり、ため息を付いた。それはすべてが「ひろし」というキャラクターの重さなのだ。

設定を理解した上で最初から映画を見てみると、なんと悲しいことか。一つ一つの細かなシーンが胸に突き刺さるほどの悲痛な意味を持ち、正直二度と見たくないとさえ思えるほどの重い運命を背負っている。
だからこそパンフレットでのキャッチコピーが心にぶっ刺さるのである。

ワイはどちら側なのかと聞かれれば相当難しいところだが、どちらかといえば「認められない」派である。ロボとーちゃん以外の部分はかなり粗削りで、子供目線に徹するあまりしょうもなくなりすぎるという例年通りの欠点とともに、
あまりにも重すぎる設定に隠れたヴィランの暗い過去が本編内では解決しないという部分も含めて、傑作と言い切ることはできない。

できれば「あまりいい作品ではなかった」とはっきり言ってしまいたいところだが、そう言えないくらい、この映画のロボとーちゃんのキャラクターは凄みがありすぎた。クレしんファンにとってはオトナより重い作品かもしれない。
出来としては劣っていても、そのキャラクターはあまりにも重すぎるのだ。

ぜひ、一度見てほしい。その衝撃をどう捉えるかは、あなた次第である。

余談だが、父とそれ以外との対立の裏でなにげに「男と女」の対立がうっすら描かれている本作で、「男の子って……」と冷視されたロボット大戦が
本当に冷視されてもしょうがない出来だったのには残念の一言。もう少しロボット同士あれこれしてほしかったし、そういう意味でも、本作の評価は難しくなっている。
ロボとーちゃん周りと、それ以外の出来が凸凹すぎるのだ。

それは他の描写が大味なせいでもあり、ロボとーちゃんが突出して出来すぎているせいでもある。

678: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:56:30 ID:Nyg
ワイはロボとーちゃんすこやで
最近の中では一番や

680: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:57:52 ID:Wu5
>>678
ほんま評価の分かれる作品やで……

676: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:55:13 ID:vIf
ロボとーちゃんとかいう感動させにいって狙い通りに感動作品になった名作
なかなか珍しいやろ

683: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:58:45 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】段々原照代
https://i.imgur.com/BnAYALa.jpg

「下春日部警察署 迷子のペットちゃん課」勤務という冗談みたいな設定の女性警官。とてもとても可愛い。
設定的には東松山よねに似ているが、性格的にはこっちのほうが快活な一方、あくまで銃関連のみひどかった(他の点で有能であったとは言わないが)よねと比べ
全方面に程よくドジというドジっ娘。ドジっ子なのだが、ちょっとリアルな分恐ろしい。
その正義感と刑事へのあこがれは本物で、ある意味ヴィラン史上最悪なことをやってのけた黒岩に対し明確に「正義」を示した。

684: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:58:58 ID:Aw5
ワイはロボトーチャンのヴィランのイマイチさがなんともな
ラストはええけど

685: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:59:04 ID:QxQ
ワイはロボとーちゃんならまだケツだけ爆弾のほうが好き

686: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)00:59:44 ID:6mV
ジェンダー論やらクローンの倫理感やら重めのテーマを軽く扱う作品
ちょうど大学で似たテーマ勉強してたから面白かったわ

696: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:01:54 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】黒岩 仁太郎
https://i.imgur.com/6Rc8R8J.jpg

下春日部警察署長であり、本作のヴィラン。ちょっとしたネタバレになっているのは申し訳ないところ。
性格的にはキザだが部下への面倒見は悪くない男、という立ち位置だったが、中盤で正体を表し父の威厳を取り戻す(家父長制を復活させる)
父揺れ同盟を結成する。
女性の社会進出や女権拡張、妊婦への社会体制の改善などが進められており、特に2014年は女性中心のジェンダー論が増えてきた中で
軽んじられる父、蔑まれる父というストレッサーをもとに、父の(男の)威厳を取り戻すという目的を持ったキャラクターを打ち出すのは
ナカナカ攻めているとも言える。昔から「亭主元気で留守が良い」などと言われてるので、別に現代特有の問題というわけではないだろうが。
黒岩家二名の対応は怒りが湧いてくるほどひどく、ここまで歪むのも無理はないと言えるが、その結果平和だった家庭にあまりに大きすぎる悲劇をもたらしたので、逮捕されるのは自業自得である。
そんな悲劇を通じてますます強固な絆を得た一家だが、彼は映画内では報われないながらも、家庭ではない居場所を見つけて新たなスタートを切り出している。(漫画版のほうでは家族と再会できている。)

737: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:12:51 ID:6mV
ロボとーちゃんのオトナ帝国の人気を利用した感

708: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:05:14 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃
公開年:2015年
監督:橋本昌和




あらすじ
ひろしは、メキシコの町に生息するサボテンの果実を集めるために双葉商事の部長から異動と同時に部長昇進を命じられる。
はじめは単身赴任を考えていたものの、みさえの言葉をきっかけに一家総出でメキシコへ引っ越しすることになる。
慣れ親しんだ春日部の住人達と涙の別れを告げることになった野原一家。メキシコのお姉さんはみんなスタイル抜群と聞いたしんのすけは喜んで旅立つ。
引っ越し先の町・マダクエルヨバカにて個性的なご近所さん達に囲まれた愉快な新生活が始まるが、そこでしんのすけ達を待ち受けていたのは人間を捕食する歩くサボテン・人喰いキラーサボテンだった。
果たして野原一家は、メキシコのご近所さん達と共にこのピンチを乗り越えることができるのか!?

720: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:07:26 ID:Wu5
【感想】
うえのきみこと橋本昌和タッグの二十三作目であり、興行収入22.9億、歴代最高額という誉れ高き作品。
予告やキャッチコピーでは大々的に「引っ越し」という部分が強調されており、春日部から離れる野原一家を軸にした感動作品とモンスターパニックの融合が期待された。
そのため、引っ越しという設定を消費した本作を毛嫌いするファンも少なくはない。が、ワイは大好き。
それもそのはず、中途半端な感動に走らずあくまで「メキシコに住む野原一家」というシチュエーションを達成させるための引っ越し要素と割り切った演出にとどまり、
過不足なく導入として十分な演出と描写を行い、残りをメキシコでの出来事としてしっかりと描ききったのは非常に好印象。特にメキシコに行くきっかけが、そのまま春日部へ帰ってくるきっかけとして活かしてあるのはシンプルにうまい。
その根本にあるのは「例え場所が変わろうとも、協力さえすれば困難は乗り越えられる」ということだ。個性豊かなマダクエルヨバカの面々がいる一方、強力なサポートメンバーだったかすかべ防衛隊はおろか、フィクションのヒーローである
アクション仮面すらない世界。そんな中で野原一家を襲う恐怖の"キラーサボテン"を取り巻く、キャラクター達の描写の細かさ。
特にマダクエルヨバカの町長、ドゥヤッガオ・エラインデスのキャラクターは秀逸の一言であり、本作の魅力をぐっと引き上げている要素である。
またB級モンスター・パニックのパロディやオマージュをちりばめた本作のヴィラン、キラーサボテンはモンスター・パニックの肝をしっかりと抑えた設定であり、子供向けにはなりつつもそのヴィジュアルや行動は何の遠慮もないモンスターそのもの。
キャラクター各々が自身の抱える困難を乗り越え、協力しあい、キラーサボテンと戦う終盤、そして、最も大切な友達から受け取った大切な"あるもの"を活かした決着、
名曲"OLA"をバックにした大団円のエンディング、全てがエンタメとしてレベルの高い良作。

735: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:11:36 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】キラーサボテン
https://i.imgur.com/FWtUtAq.jpg

本作のヴィランであり、恐らく歴代初の「植物」のヴィラン。
一見するとただのサボテンであり、非常においしい蜜を有する果実を実らせる植物だが、その実態は食虫植物ならぬ食人植物。
植物とは言うものの、女王サボテンを中心に多数の働きサボテンがいるという、社会性昆虫のような性質を持つ植物。
しかしB級モンスター映画らしいある弱点と特性を持っており、それを活かした連携技で倒されたのだった。

738: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:13:10 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】カロリーナ
https://i.imgur.com/kaCTPnC.jpg

しんのすけが通う幼稚園の教師。黒人らしい迫力のある爆乳と、そそるとしか言いようがない巨尻、明るく快活な性格など非の打ち所がない女性。
身体能力も高くキラーサボテン相手に善戦した他、服を用いてスリングのようなものを作り、錠前を破壊するという機転と筋力を見せる。
久々の強くて優しいヒロインにワイ歓喜。

【クレしんプリンセス】スマホちゃん
https://i.imgur.com/94bDuuD.jpg

本名はあるものの、伏せた状態で記す。
思春期、反抗期故の周囲への辛辣で冷たい対応から野原一家とは馴染めないと思われていたものの、話が進むに連れ徐々に心をひらいていき、
最後にはドゥヤッガオが改心する直接的なきっかけとなった少女。
微妙に棒読み感のいなめない大根演技が妙にハマっている。かわE

713: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:06:33 ID:6cs
>>708
でも、なぜかサボテンが、クレしん映画史上
最高の興行収入やろ?

なんでや!

717: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:06:57 ID:vIf
>>713
ロボとーちゃんで話題になった後やからかな?

722: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:07:54 ID:6cs
>>717
いや、有名な大人帝国とかヤキニクロード、アッパレ
あたりって、興行収入サボテン以下なんやなーって意外だった

727: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:09:22 ID:Wu5
>>722
ロボとーちゃんより少し前から、クレしん映画のできの良さというのがある意味都市伝説的に語られたり
最近の作品はつまらないというのが通説になってきて
そこへロボとーちゃんという強烈な感動作を押し出したせいで一気に人気が跳ね上がった結果やと思う
事実2012~2015年あたりのクレしん再評価の流れはでかかったわ

711: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:06:00 ID:Aw5
引っ越しは好きな作品やけど
強いて言うなら宣伝と本編がなんかズレとった感じ
まぁネタバレになるからしゃーないのか?

715: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:06:50 ID:QxQ
>>711
あれは最初からモンスターパニックものとして推し出すべきやったわ

731: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:10:02 ID:QxQ
プリンセス・ケツだけ・野生王国・ポッキリ辺りワイは評価高いのに世間の評価と乖離しすぎてて納得いかん

757: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:17:38 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
公開年:2016年
監督:高橋渉




あらすじ
ある日、巨大な魚に呑み込まれる夢を見たのをきっかけに野原一家を始めとする春日部市民たちは夢の中で巨大魚の体内にある不思議な世界「ユメミーワールド」に迷い込む。
その世界ではやりたい事が自由にできる世界であり、彼らは自分の夢に浸っていくが、その中で大人たちの小さく不完全な夢は謎の生き物によって奪われ、魚の体内に放り出されてしまう。
魚の体外には"悪夢"が広がっており、それにうなされた大人たちは次第に元気を無くし、日が経つにつれて子供までもが夢を奪われ悪夢ばかり見るようになってしまう。
マサオもその被害者の一人として生気の抜けた状態に。そんな頃、一人の少女"貫庭玉サキ"が転園してくる……

768: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:19:04 ID:Wu5
【感想】
野生王国など度々例はあったもののあまりはっきりとは示されていなかった"母と子"というテーマ、すなわちみさえとしんのすけとの関係を主軸にとった話が少なかった映画であるが、
本映画では間接的ながらその主題が盛り込まれており、それにあわせ、子を思う親というテーマも描写されている。
排他的な謎めいた少女、貫庭玉サキには極めて重々しい過去があり、それをきっかけとして起こる事件をかすかべ防衛隊が解決するに至るまでの一連の流れがしっかりしており、
ギャグやファンタジー要素が不足することもなく、大人も子供も楽しめるという意味では初期作に近い雰囲気を持つ良作。
また狂言回しとしては扱いやすいマサオや風間くんの描写はもちろんのこと、焦点が当てられることの少なかったネネちゃんはサキちゃんの友人として、
ボーちゃんは五人の中でも屈指のギャグキャラクターとして活かされている。
キャラクター一人一人の丁寧な描写と物語の絡め方、そして周りを犠牲にしてまで子を救おうとする夢彦のキャラクターが本作を実に面白い映画に仕上げている。

770: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:19:55 ID:DA5
ユメミーはほんま劇団ひとりって天才なんやなって思ったわ
漫才もすこやし

771: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:20:18 ID:Ffi
ユメミーワールドは個人的に全然おもんなかった記憶なんやけど
ちゃんと見とらんかったんかな

775: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:21:11 ID:Wu5
>>771
ユメミーはキャラクター描写の丁寧さとユメミーワールドの鮮やかさからくる懐かしさが最高やから
あんまり目立った欠点はないんやけど
強いて言うならキャラクターの丁寧さ故に動きが少ない序盤~中盤かな?

778: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:22:02 ID:CY5
ユメミーおもろいんか
なんとなく劇団ってだけで敬遠しとったわ

779: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:22:07 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】貫庭玉夢彦
https://i.imgur.com/4tRGsDA.jpg

某仮面ライダーを思わせる奇抜な髪型とは裏腹に緘黙で生真面目な性格が特徴的な男。
本作の事件である集団悪夢シンドロームの元凶であり、ユメルギーを元にした仮想世界、ユメミーワールドを用いて
サキの悪夢を退けようとするというキャラクター。
とあることが原因で悪夢を見るようになってしまったサキへの負い目と子との愛情が混ざり合い、結果的にユメミーワールドでの所業を自己肯定したことで
"夢"のサキは救えど"現実"のサキが救われないという状況を作ってしまう。
一方でそれらは必然的なアンビバレンツであり、少しでも良い状況にしようと娘のために苦悩・奮闘するその姿は感涙モノ。
最後には改心し、自らの経験と知識とを生かした仕事につくことになる。この終わり方からエンディングに至るまではまさしく「ベスト」な流れで
夢の世界を漂うしんのすけのエンディングに涙するものも多かっただろう。

788: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:24:36 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】貫庭玉サキ
https://i.imgur.com/7ugFYq1.jpg

本作のプリンセス。前作のスマホちゃんを更に苛烈にしたような冷たい性格と辛辣な言動が特徴的で、どこか孤立したがっているような振る舞いをする謎めいた少女。
その容姿でふたば幼稚園の児童に話題となった結果、面白くないネネちゃんとの仲がひどく悪くなってしまうが、その一貫した態度がネネちゃんに好かれ、結果的に二人は友人同士となる。
前述の通りある事件がきっかけで悪夢を見るようになってしまった可哀想な少女であり、その心には常に罪悪感と寂しさがつきまとっている。辛辣な態度はそのため。
中盤までは自分を思ってくれる父に従順であり続け悪夢を見ない生活を送っていたが、かすかべ防衛隊一同、特にしんのすけとネネちゃんとの交流をきっかけに、"ひとりぼっち"から脱して悪夢と戦うために奮起する。
夢彦同様とても良くできたキャラクターであり、非常に魅力的。かわいい。

748: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:15:25 ID:6cs
>>1はクレしんが土曜日に戻ったことについてはどうや?
失敗? ワル―無いな?

754: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:17:00 ID:Wu5
>>748
正直あまりよくはないと思う
クレしんがどーのこーの言うより、金曜日にあそこまでバラエティを固めること自体ワイはあんまり好ましく思っとらん
まあそれだけやけどね

752: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:16:16 ID:Aw5
映画の曲では何が好きや?

753: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:16:40 ID:caW
お雛かダンスマンの奴やな

755: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:17:11 ID:6cs
>>753
アッパレのEDのダンスマンは神すぎる

758: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:17:42 ID:caW
>>755
あれが当時戦国唯一の欠点扱いされていた事実

765: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:18:34 ID:DA5
個人的に曲だけってなら
ダンスマンと3分ポッキリの2つ
EDの映像つきなら
ダンスマンとカスカベボーイズの2つ
これらが個人的にそれぞれで圧倒的や

808: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:27:44 ID:CY5
○あげよう嫌いやないけど映画終わった余韻であの歌唱力は最初ずっこけたで・・・

777: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:22:01 ID:6cs
クレしんの映画はその前年の売れっ子を使うことも多いから、

来年の映画の主題歌は、King Gnuか米津けんし、Mrs Green Appleあたりか
それかあえてベテランのB'z、ミスチル、Xjapanあたりでも話題になりそう。

声優には、「りんごちゃん」 これは堅いと思う。

780: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:23:04 ID:Wu5
>>777
お笑い芸人含め時の人を若干遅れて起用することが少なくないからな
ワイはポルノが必ずどっかであると思っとるけど、ないかね……

787: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:24:10 ID:6cs
>>780
ポルノ確かに違和感はないな 合いそう
というか、映画の主題歌ってあってないの多いよな しんちゃん

789: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:24:50 ID:6cs
>>780
しんちゃんの好きなオカマ、ニューハーフのりんごちゃんは
賭けてもええ 出る!

794: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:25:25 ID:Wu5
>>789
その賭け信じて楽しみにしてるわ
あってたらオープンにスレ建てたる

797: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:25:55 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ
公開年:2017年
監督:橋本昌和




【あらすじ】
ある日の夜、野原家にUFOが不時着。UFOの中にいたのは、宇宙から来たという宇宙人のシリリだった。シリリが発した光線を浴びたひろしとみさえは25年若返り、ひろしは10歳に、みさえは4歳の姿に戻ってしまう。
シリリは、生き物を若返らせることは出来るものの、成長させることは出来ないのだという。そして、日本の南の種子島にいるシリリの父親なら、ひろしとみさえを元の姿に戻せるらしい。
翌日、シリリはしんのすけのズボンの中に入り、野原一家は日本縦断の旅に出発する。
その後、カスカベ防衛隊にシリリの存在とひろしとみさえが子どもになった事がばれてしまうも、他人には言わないという約束を交わす。
ようやく新幹線に乗り込んだ野原一家だったが、泥棒に全財産とシリリの私物を盗られてしまい一時静岡に下車することに。
しかし、そこで起きた事件によりひろし、みさえとしんのすけ、シリリが分断されてしまう。しんのすけはしりりと共に、ヒッチハイクで乗り継ぎながら種子島を目指す……

804: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:26:48 ID:OL8
スレ初期にいた者やがまだ続いてたんか草

805: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:27:16 ID:Wu5
>>804
完走しそうな勢いでワイも驚いてるし、2日くらいで終わるやろと思った自分の甘さにも驚いてるし
おどろきづくしや

809: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:28:00 ID:Wu5
【感想】
主題歌、ロードムービーが示すとおり、宇宙人ネタの定番をきっちり入れ込んだ前半から移った中盤~後半では、
友人となったシリリとしんのすけとの旅が描かれた作品となっている。しかし、なぜかひどく印象が薄い。
それもそのはず、二十五周年を記念した過去のクレしん映画パロディがそこかしこにちりばめられており、それを拾い上げるのに必死でストーリーを深くおってる暇がなかったんや。(そのせいで今回のレビューで唯一フルで見直した作品となった)
要所要所で挟まれるギャグの切れ味は悪くないものの、あまり目立った見せ場がなく、
特に本作のヴィラン、チチシリが幼い性格に凶悪な計画に頭の悪さと、魅力の無さをコンプリートしたようなキャラクターであるため
シリリと友情を育んできたしんのすけによるシリリとチチシリの対立も「そらそうよ」としか言えないものになっている。
親としての愛情に欠けるという設定は金有似だが、やってることが中途半端で徹底した悪役として振る舞いきれていない分、作中での役割はそれに劣る。

813: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:29:27 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】チチシリ
https://i.imgur.com/LrG3vls.jpg

感想の部分で言いたい批判は大体言ってしまったので、若干掘り下げておこうと思うで。
バブバブパワーしか使えないシリリの力を用い、地球を平和な星へ強制的に改造してしまおうと考える純粋悪で
自分の正義を疑わず話も通じない宇宙人という設定にはプリンセスのヒマワリ星人と似た匂いを感じる。
容姿の珍妙さもさることながら性格も一癖あり、年齢不詳ではあるが恐ろしく幼稚で小物な言動がひどく目立つ。
同じような色で似たような特徴を持っていたケツだけ星人(ケツだけ爆弾)のほうは割といいやつだったのに……

827: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:33:05 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】シリリ
https://i.imgur.com/mG4Tz7y.jpg

プリンセスと言えるのかどうか怪しいところだが、特に項目もないのでとりあえず入れておく。
宇宙人らしい尊大な態度と野原家のメーターが急上昇するような機械の充電を行う厚かましさなど、突如野原家に介入してはスラムツーリングのような真似を働く厄介なキャラクターとして描かれていたが
地球で味わった幾度かの危機をしんのすけと乗り越えることで友情を育む一方、父からの愛情のなさを実感し対立していくこととなる。
自立をテーマに含んだ本作ではしんのすけの弟のように振る舞い、終盤ではまさかのレギュラー入りか?と疑ってしまうシーンが挿入されている。結局そんなことはなかったが。

812: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:28:58 ID:OL8
ワイこの前ここでシリリを酷評したんやがイッチ的にはシリリ良作なんか?

816: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:30:05 ID:Wu5
>>812
酷評するほどひどくはないが、目立った長所のない凡作という印象
ロードムービーの形式を取ろうとしたのはいい着眼点だがシリリやヴィランのキャラクターとシチュエーションがあまり好きではない

814: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:29:32 ID:Aw5
しんちゃんって記念すべき周年でなんかあれな感じになってない

817: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:30:12 ID:Aw5
シリリはラストのラスト オチがな

820: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:31:09 ID:caW
シリリはデザインがなあ
ケツだけ爆弾の宇宙人使いまわせや

821: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:31:38 ID:caW
でもシリリはあの宇宙人オタクの所は良かった思うで

837: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:35:56 ID:Wu5
クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~
公開年:2018年
監督:高橋渉




あらすじ

春日部に古くからある中華街・アイヤータウンにやってきたしんのすけ達カスカベ防衛隊は、
「伝説のカンフー」と呼ばれる拳法「ぷにぷに拳」の修行に励んでいるマサオから一緒に修行をしよう、と誘われる。
最初は乗り気では無かったが、カンフー少女のランに惹かれたしんのすけにつられ、他のメンバーも渋々付き合う事に。
そんな中、食べたらヤミツキになると言われる謎のラーメン・ブラックパンダラーメンを食べた春日部の人々
が次々と凶暴化して暴動を起こし、アイヤータウンを大混乱に陥らせる奇怪な事件が発生。
アイヤータウンを守るためにカスカベ防衛隊は謎の組織との戦いに挑む。

844: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:37:01 ID:OL8
>>837
ファッ!?こんな映画あったんか!?CMとか全く聞いた事無かったぞ

840: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:36:23 ID:Ffi
あーもうこの辺なると全くわからンゴねぇ…

849: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:37:49 ID:Wu5
【感想】
まずはじめに言っておくと、ワイの本作への評価はあまり高くない。ただ低いわけではなく、最終的には"良作"だと思っている。
カンフーボーイズというタイトルに期待しすぎたあまり、ひねった設定やキャラクターを突っ込んでいながら、本作の軽妙なスタイルに肩透かしを食ったのである。
カタルシスという意味ではカスカベボーイズとは違ったベクトルで、かつ大団円を用意しているという点で評価はできるものの
肝心のアクションやかすかべ防衛隊の活躍という部分ではやはり差が大きすぎた。
ハチャメチャではあるものの、絶対的な巨悪を倒すと言うにはいささか物足りなかったのである。
絵面を配慮して作られたぷにぷに拳も、もう少し真面目にやったほうが良かったのではないだろうか。
猫手反発の強さ、8の数字に柔軟弾丸という見た目的にも悪くない強力な技を配置したのが良かったので、9つ目にはだいぶ期待したものだが、そこの肩透かしが正直一番大きかった。
一方で、実にひねったラスボスの設定と、さらにひねりきったラスボスの倒し方には見事と言う他にない。

858: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:40:10 ID:Wu5
【クレしんヴィランズ】ドン・パンパン
https://i.imgur.com/C9tIDAE.jpg

脳筋であることが一発で分る外見に、秘孔を利用した強力な拳法、闇突拳の使い手。
師匠を膂力のみで押し切って倒す脳筋スタイルと、秘孔を利用したテクニカルな部分が実に魅力的で
生麺の秘孔(?)を突くという妙な方法とやっていることの非道さ、凶悪さも良かったが、
最後には更に強烈なヴィランの登場によって退場してしまう。

879: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:44:29 ID:Wu5
【クレしんプリンセス】玉蘭
https://i.imgur.com/kmIyreq.jpg

ぷにぷに拳の師匠の一番弟子であり、唯一の弟子(後にマサオが二番弟子になる)である若い少女。かわE。
柔軟弾丸を筆頭に8つのぷにぷに拳を使うことが出来、腕力にも優れる優秀な拳法であるのに加え、
ひそかに自室でブラックパンダラーメンを研究するという知能の高さも伺える。
その有能さ故に巨悪であるブラックパンダラーメン一行との戦いでは実に頼れる味方として
ラーメンの証拠をつかもうとするかすかべ防衛隊に助力する。
ブラックパンダラーメンとそのボス、パンパンに強い恨みと怒りを覚えており、
その生真面目な性格が積み重なって終盤、とんでもない展開を迎えることになる。
本作が他の映画史のどこを見ても唯一例のないと言える点はこの部分であり、ある意味ではありがちと言えるそれも
クレしんでやってしまえば斬新以外の何物でもない。

余談やが、本名玉蘭よりもランという名前が押し出されすぎててギャグが忘れ去られてるのがナカナカ面白い

862: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:41:05 ID:eFj
声変わったのってこの作品からだっけ?

863: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:41:18 ID:Wu5
>>862
次やで
今作が最後

888: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:46:51 ID:Wu5
さて、新婚旅行除いた全作の紹介を終えたで
完結するまで二週間近く経ってしまってほんまに申し訳ない
このスレがクレしん映画を見るきっかけに、また見返すきっかけになれたらええなと思うわ

896: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:47:46 ID:caW
おつかれやで

901: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:48:07 ID:CY5
イッチ乙やで

882: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:45:02 ID:Iwy
過度なdisはアレやけど野生王国は年末特番レベルやな
子供向けに環境問題はうーん

929: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:54:31 ID:DA5
大人帝国とあっぱれ戦国とロボとーちゃんはよくクレしんっぽくないって言われるがワイもそう思うわ
でもクッソおもろいねんな!

930: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:54:49 ID:Wu5
クレしんヴィランズ強さランク

S マカオ/ジョマ ヘクソン アセ・ダク・ダーク
A パラダイスキング ヒエール・ジョコマン ジャスティス お駒夫人(金波・銀波あり) キラーサボテン
B ハイグレ魔王 ミスター・ハブ Dr.アカマミレ 怪獣たち 金有増蔵(ロボあり) 四膳守(DX服用)
C 大蔵井高虎 マウス アミーガスズキ ヒマワリ星人 グルメッポーイ チチシリ ドン・パンパン
D アナコンダ ボス 時雨院時常 ナーラオ&ヨースル 黒岩 仁太郎
E ケン/チャコ 貫庭玉夢彦

940: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:57:52 ID:DA5
パラダイスキングはヴィランの中で1番すこやわ
ワイの中で俺様キャラと言えばもうパラダイスキングってレベルや

951: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:59:41 ID:6mV
マカオとジョマは果たして強いのか…
最初にあっさり王子倒してるから強いんかな?

960: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)02:01:13 ID:Wu5
>>951
かなり強い
ヘンダー城が弱点丸出しな上マカオとジョマに不利な場所であるだけで
魔法使ってれば負けはないはず

952: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)01:59:55 ID:caW
もう一回スレたてて語りたいね

964: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)02:02:00 ID:Wu5
>>952
一度強さ議論やってみたかったんや……
アクション仮面(ハイグレ)とアクション仮面(ジャングル)にわけて
プリンセス・ヒーローも交えてやるのが夢

996: 名無しさん@おーぷん 19/10/13(日)02:11:23 ID:Ffi
おつ
名作は語り継がれる